独占映像で216センチの長身ドロイドK-2SOに迫る!/[c]Lucasfilm 2016

写真拡大

いよいよ公開まで1か月を切った『スター・ウォーズ』シリーズ最新作、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)の映像を独占入手!本作で新たに登場するドロイド「K-2SO」に関してはこれまで謎に包まれていた部分が多かったが、この映像から明らかになった。

【写真を見る】主人公ジン、固い絆で結ばれたキャシアンとK-2SOのスリーショット/[c]Lucasfilm 2016

今まで『スター・ウォーズ』シリーズに登場したC-3POやR2-D2、BB-8とはまた違うK-2SOは、本作の主人公ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)に向かって「友人には危害を加えません」と語りかけており、仲間思いなドロイドであることがうかがえる。戦闘においても、ストームトルーパーを簡単に投げ飛ばしてしまうほど強い!

そんなK-2SOの特技は、正確すぎる戦略分析。ローグ・ワンが挑む設計図奪取計画が97.6%失敗すると冷静に分析しながらも、チームに貢献してくれるのだ。そんな彼には、帝国軍に仕える警備ドロイドだった過去があり、ローグ・ワンの一員であるキャシアン・アンドーによって、その記憶を消され、反乱軍用に再プログラムされたというエピソードがあるようだ。そのためK-2SOにとってキャシアンは命の恩人のような存在で、2人は固い絆で結ばれている。

キャシアンを演じるディエゴ・ルナはそんな2人の関係について「長年連れ添う夫婦のようだ」と語り、「K-2SOの新しい人生はずっとキャシアンと一緒なんだ。キャシアンにとっても唯一の友人はK-2SOで、お互いとても気にかけているんだよ」と解説。

さらにディエゴは「再プログラムする際にちょっとした問題があって、K-2SOは思ったことをなんでも言ってしまう傾向があるんだ。おしゃべりで、思ったことを隠さずに言うから、とても面白いキャラクターになっていると思う」と困った性格についても明かしている。

K-2SOはキャシアンとどうやって出会ったのか、なぜ記憶を消されたのかなど、いまだわからない部分は多いものの、C-3POやR2-D2、BB-8と同じように魅力的なドロイドであることには間違いない。【Movie Walker】