今年度の栄冠に輝いたのはマッチョなドウェイン・ジョンソン/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

今年のピープル誌「世界で最もセクシーな男」にドウェイン・ジョンソンが選ばれ、例年とは違うチョイスとして話題を呼んだ。だが、いかにもこの栄誉を手にしそうなイケメンで、1度は選ばれた気もするが、実はスルーされ続けているセレブもいる。

【写真を見る】意外!?セクシーな男に選ばれないレオナルド・ディカプリオ/写真:SPLASH/アフロ

「本当にこの人たちは『最もセクシーな男』になったことがないの?」という見出しで、contactmusic.comが1度もこの栄冠に輝いたことのない意外な俳優10人を選出。

まず、1人目はレオナルド・ディカプリオ。『タイタニック』(97)で一躍女性たちのハートを掴み、レオ様と慕われてきたわりには、1度もピープル誌から「最もセクシーな男」の称号を与えられたことがない。

2人目は、ジェイミー・フォックス。ピープル誌は白人男優ばかり選ぶことで批判されてきたが、1996年のデンゼル・ワシントン、そして今年のドウェイン・ジョンソンというピープル誌が「最もセクシーな男」に選んだ男優たちを見れば、スタイリッシュで女性ファンの多いジェイミーがなぜ選ばれていないのか不思議である。

3人目はマイケル・ファスベンダーで4人目はジェイソン・モモア。どちらもセクシーさには定評があるが、まだ無冠。5人目は意外にもまだピープル誌から選ばれていなかったライアン・ゴズリング。ハンサム俳優の代名詞にもなっている彼がこの栄冠を与えられていないのは、実は本人がオファーを断ってきたからという説もある。

ほかにも、ガエル・ガルシア・ベルナル、ブルーノ・マーズ、ジャレッド・レト、ジョン・ボン・ジョヴィ、トム・ハーディらの名前があがっている。【UK在住/MIKAKO】