19日、RFI中国語版サイトは記事「慌ててトランプ次期大統領と会見した安倍首相、中国も負けてはいない」を掲載した。写真はトランプ次期大統領のフェースブック。

写真拡大

2016年11月19日、RFI中国語版サイトは記事「慌ててトランプ次期大統領と会見した安倍首相、中国も負けてはいない」を掲載した。

18日早朝、米ニューヨーク市を訪問した安倍晋三首相はトランプ次期大統領と1時間半にわたり会談した。トランプ政権でも日米同盟は強固であるとアピールする狙いだが、中国も負けてはいない。来週には汪洋(ワン・ヤン)副首相が米国を訪問するが、トランプ次期大統領サイドと接触するもようだ。

また18日の中国外交部記者会見では安倍・トランプ会談が取り上げられた。「正常な二国間関係の発展は積極的に評価するが、その協力が第三国の利益を損なうことがないよう希望する」と釘を刺している。(翻訳・編集/増田聡太郎)