19日、中国の女優ファン・ビンビンの公開した写真が、「画像処理しすぎ」とネット上で話題になっている。

写真拡大

2016年11月19日、中国の女優ファン・ビンビン(范冰冰)の公開した写真が、「画像処理しすぎ」とネット上で話題になっている。中国時報が伝えた。

【その他の写真】

ファン・ビンビンは自身を「ややデブ」と語り、他の人気女優たちと比べても、かなり肉付きがいいことを認めている。このほど最新主演作「我不是潘金蓮」の北京プレミアに、右肩と腕をあらわにしたデザインのドレス姿で登場。この時の写真を中国版ツイッターで公開したのだが、そこに写っているファン・ビンビンは、右腕にムダな肉がまったく見られず。しかし、中国メディアが撮った写真を見ると、二の腕はむっちりと重量感が大違い。ネットユーザーからは、「画像処理しすぎ!」との声が上がっている。

最近では、エクササイズのおかげで「3キロ痩せた」と語っていたファン・ビンビン。しかし、処理なし写真を見たネットユーザーからは、「リバウンドした?」「ノースリーブはやめたほうがいい」などの意見が。しかし一部のネットユーザーからは、「これでデブなら、世の中のデブはどうなる?」「お肉のあるファン・ビンビンが魅力的」といった声が聞かれる。(翻訳・編集/Mathilda)