『ズボラな人のための確定拠出年金入門』(井戸美枝著・プレジデント社刊)

写真拡大

■税制上有利な確定拠出年金は、自分で運用する

2017年から、ほぼ誰でも加入できるようになる「確定拠出年金」。

・税金が安くなる
・運用益が非課税
・将来受け取るときもほぼ非課税

といった税制上有利な点が多く、老後の資産作りにはもってこい(受け取りが原則として60歳以降のため)の制度です。加入を考えている方も多いのではないでしょうか。

注意したいことは、公的年金とは違って、積み立てるお金は自分で運用しなければならないということ。具体的には、運用する金融商品を自分で選ぶことになります。また、「個人型」の確定拠出年金に加入する場合は、商品だけでなく、運用する会社(金融機関)も自分で選びます(「企業型」は、勤め先が運営会社を選ぶので自分では選べません)。

▼金融商品はどう組み合わせればよいのか?

確定拠出年金では、いくつかの金融商品を組み合わせて運用できます(掛け金の年間の上限額は、自営業者など81.6万円/企業年金のない会社員27.6万円/企業年金のある会社員(企業年金のみ)14.4万円/公務員14.4万円/専業主婦27.6万円)。金融商品には、大きく分けて、元本は保証されているけれど期待リターンが小さい種類と、元本が変動する商品の2種類があります。

・元本保証型の商品:「定期預金」「年金保険」など。
・元本変動型の商品:「株式投資信託(国内・外国)」「債券投資信託(国内・外国)」「不動産投資信託」など。

どんな商品を選び組み合わせればよいのか、どれくらいリスクを取れば良いのか……それは、あなたが会社員なのか、自営業なのか、結婚しているのか(配偶者は働いているのか)、など、それぞれの働き方やライフスタイルによって異なります。

今回は、30〜40代の「会社員の夫婦(共働き)」「会社員と専業主婦(専業主夫、以下同)」「会社員・独身」「自営業・独身」の4パターンに絞って、最適だと思われる運用商品の詳細なポートフォリオ(組み合わせ)をご紹介します。

ただし、現在どれくらいの資産があるのか、夫婦のどちらが何歳まで働くつもりなのか、子供は何歳で何人いるのか、などの条件は加味していませんので、ここで提案するポートフォリオはあくまでひとつの例だとお考え下さい。

■確定拠出年金 30〜40代向け最適ポートフォリオ

【ケース1:会社員夫婦(共働き)の場合】

夫婦ともにフルタイムで働く会社員の場合です。会社員ですので、2人も厚生年金に加入しています。夫の標準報酬月額を38万円(年収約460万円)、妻の標準報酬月額を32万円(年収380万円)で、2人とも38年間会社に勤めたと仮定すると、将来受給できる年金額は、夫が月額約16万円、妻が月額約15万円で2人合わせて月額約31万円です。これだけあれば、通常の生活費はまかなえそうですね。

ですので、上乗せとなる確定拠出年金では、夫婦のうちどちらかが、リスクの高い(期待リターンの高い)商品をある程度取り入れても良いでしょう。

下の図では、妻が期待リターンの高い商品である株式を多く取り入れたものです。

【ケース2:会社員と専業主婦(夫)の場合】

次に、会社員と専業主婦(夫)の場合です。専業主婦は、パートなどせず全く収入のない状態だと仮定します。夫の標準報酬月額を38万円(年収約460万円)で38年間会社に勤めたと仮定すると、将来受給できる年金額は、夫が月額約16万円、妻が月額約6万円で、2人合わせて月額約22万円です。

働き手が1人しかいないため、あまり大きなリスクはとらない方が良いと考えました。ただし、確定拠出年金以外の資産が、預貯金のような元本保証型のものが多いのであれば、もっとリスクをとっても良いでしょう。

■独身会社員・自営業もリスク商品を買ってもいい

【ケース3:独身会社員の場合】

独身で、フルタイムで働く会社員の場合です。一生独身だと仮定します。標準報酬月額を38万円(年収約460万円)で38年間会社に勤めたとすると、将来受給できる年金額は、月額約16万円。家賃などを払う必要がなければ、1人分の生活費は十分でしょう。

少し話が逸れますが、独身の方は、病気や介護が必要となった場合の費用を多めに見積もっておくと良いかもしれません。

所有している資産にもよりますが、基本的に1人分の生活費を賄えれば良いので、確定拠出年金ではある程度リスクをとっても良いでしょう。

【ケース4:独身自営業の場合】

独身で自営業の場合です。基本的に自営業の方の場合は、公的年金の1階部分にあたる国民年金にしか加入していません(国民年金基金などに加入していない場合)。将来受け取れる年金額は、月額約6万円です。年金だけでは生活していくことは厳しいので、若い頃から積み立てをして資産作りをしておく必要があります。

一生独身だと仮定すると、扶養する家族もいませんので、確定拠出年金ではある程度リスクをとって期待リターンの高い商品を組み込んでも良いのではないでしょうか。

▼商品を選ぶポイントは、手数料

冒頭でも述べましたが、このポートフォリオはあくまでひとつの例としてお考えください。

それぞれの経済事情や運用とリスクに対する考え方は、皆さんそれぞれによって異なりますし、公的年金はいくらもらえるか、資産の割合はどうなっているか、などの条件によって最適なポートフォリオは、1人1人異なると言っても良いでしょう。

しかし、ポートフォリオは異なっても、金融商品を選ぶポイントは同じです。

商品を選ぶ際は、シンプルで、できるだけ手数料の安い商品を選ぶということ。投資信託であれば、手数料の高いアクティブファンドではなく、日経平均などの指標と連動する手数料の安いインデックスファンドを選びましょう。

過去の実績では、アクティブファンドの平均がインデックスファンドを上回ったことはほとんどなく、これからも成績が良いか予想することはできないからです。商品を選ぶ際は手数料に気をつけてくださいね。

(ファイナンシャル・プランナー 井戸美枝=文)