荻野淳也・マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事

写真拡大

日本でも注目されはじめたマインドフルネス。瞑想などを通じたストレス軽減、能力開発のメソッドとして、グーグルなどの企業も研修に取り入れていることで知られているが、具体的にはどんな効果があるのか?
世界的ベストセラーとなった『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』は、マインドフルネスによって人生が変わったという著者の自伝である。ほんとうに人生を変えるほどの力がマインドフルネスにあるのか? 「あるんです」。本書日本語版の解説者である荻野淳也さんは言う。日本におけるマインドフルネスリーダーシップ教育の第一人者で「自分の人生と重ねて読みました」と話す荻野さんに、マインドフルネスの持つ本当の力について聞いた。

■ふとわれに返ることの大切さ

先日、こんなことがありました。クライアント企業の役員会で発表する前日のことです。仕事がたてこんでいて、必要な資料ができていませんでした。夜中の2時くらいからやっと始めたのですがはかどらず、いっそインフルエンザでも発症して休めたら……なんていう思いも頭をよぎりました。そうなると、そんな弱気なことでどうするんだとか、中途半端なものを出すくらいならやっぱり明日はやめておこうとか、なんで前日までやらなかったんだとか、頭のなかにいろいろ浮かんできて余計にやるべきことに身が入らなくなります。

誰にでもそういう経験はあるでしょう。そこで5分だけでも静かに呼吸をととのえて瞑想し、ザワザワした心を落ち着けると、「ちょっと不安になりすぎじゃないのか」「いつもの自分ならこれくらいできるじゃないか」とわれに返ることができます。実際そのときは「10ページじゃなくてもいいから3ページだけでもまずはつくってみよう」という気持ちになり、朝方までかかりましたがきちんと用意することができました。

不安や怒りで頭がいっぱいになって固まってしまう状態、いわゆる「扁頭体ハイジャック」がおこっているときに、呼吸、瞑想、内観などのマインドフルネスのメソッドを使うと、「われに返る」ことができます。心ここにあらず、という状態から本来の自分に戻ってくることができるのです。これだけきくと、「それで人生が変わるなんて、おおげさだ」と思われるかもしれませんが、「われに返る」ことで本当に救われた経験が私にはあります。

20代後半から30代前半にかけて、わたしは住宅企業の営業職、本社勤務、そのあと、外資系コンサルタントの仕事を経て、ベンチャー企業のIPO準備の仕事に就きました。転職のたびにステップアップし、当時は高層マンションに住み、外車を乗り回し、結婚するつもりの女性もいました。仕事柄全国紙にも自分のコメントが出るなどして、なんとなくこのままずっとうまくいくような気がしていました。ところがです。自分がもっとも信頼していた人からとつぜん裏切られ、人生が暗転しました。そのときはじめて、自分のような普通の人間の中にも憎悪というものがあるんだということに気づき、愕然としました。

自分を裏切った人間を許したいという気持ちと許せないという気持ちの間を行き来しながら、自分を追い込むように仕事に打ち込みました。傍から見れば精力的に働いているように見えたかもしれませんが、実際はうつ状態でした。当時、誰もいない高層マンションの自宅のベランダで「ここから飛び降りたら楽になるんだろうな」という考えが何度も頭をよぎりました。積極的に死を選ぶというよりも、ただ、楽になりたいという感覚です。そのとき両親の顔が頭に浮かび、ぎりぎりのところでわれに返りました。まだ踏みとどまる力が自分のなかに残っていたんですね。運がよかったのだと思います。

マインドフルネスというのは、「われに返る」ことを運任せにしないメソッドです。こういう状況におちいる前に自分で「気づく」ためのものです。そのうえで「自分を信じる」「現状を受け入れたうえで前に進む」ことを可能にするものです。そういう意味で、マインドフルネスには人生を変える力がある、と私は思います。

■不安や怒りで「内なる声」が聞こえなくなる

『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』は、田舎町の貧困家庭に生まれ、アルコール中毒の父親とうつ病の母親の世話をしながら、常に不安と苛立ちのなかで生きていた少年が、マインドフルネスに出合って徐々に人生を自分の手に取り戻していく物語です。彼がルースという女性から教わったマインドフルネスは、4つの段階があります。本のなかでは「ルースのマジック」と呼ばれていますが、私なりの解説をつけるとこのようになります。

(1)からだを緩める→ボディスキャンの瞑想。気づきを高める
(2)頭の中の声を止める→注意力のトレーニング。雑念を静める
(3)心を開く→慈悲の瞑想。他者への共感を高め、現実を受け入れる
(4)なりたい自分を描く→目標への具体的の計画と行動

ルースは、これを「なんでも手に入るマジック」だと言いますが、それは自分が必要としているもの、本来やるべきことに気づき、それに向かって行動を起こすためのメソッドであるという意味です。人間は不安、怒り、恐れ、といったものにとらわれていると、本当に自分が望んでいるものや、やるべきことが見えなくなります。つらい現実から逃げるために仕事にのめりこんでいたときの私がそうでした。仕事は自分のステップアップの手段だと考えて、年収や社会的地位にこだわっていたときの私がそうでした。

最初にIPOを手伝ったベンチャーでうつ状態になったときに、友人のすすめで地方活性化のプロジェクトで農作業などを手伝う活動を始めたのですが、そこで出会った人にさそわれて、ヨガスタジオを展開するベンチャーに転職しました。そこで初めて瞑想を体験して頭が空っぽになる気持ちよさを体験したことがいまにつながっていると思います。でも、当時はそれよりも、もう一社IPOを成功させれば自分のキャリアに箔がつくなと、そんな気持ちでやっていました。それでまた行き詰まってしまった。

結果を出そうとする焦りで空回りをして周囲の信頼を失っていったのです。最後は役割と責任だけで動いていて、「この会社をどうしていきたいか」という自分自身の目標がなくなっていました。結局その会社も辞めるのですが、そのときやっと本当に自分の内なる声を聞いたような気がしました。「もう終わりにしよう」と。そこからすぐにいまの仕事につながったわけではありませんが、転換点になったのは確かです。そこから「本当の自己を中心とした生き方をしよう」という意識を持ち始めました。

これは、いわゆる自己中心的生き方ということではありません。自分の内なる声に蓋をしないで生きていくということです。私もそうですが、下手に器用な人は、目先の成果を出せてしまうので、心の渇望や葛藤に気づかないまま、「自分はうまくいっている」と勘違いして行くところまで行ってしまう。往々にしてそうした渇望をいちばん簡単にうめてくれるのはお金やモノです。でも、その渇望の背後にあるものに気づかなければ、いつまでも満たされることはない。数字だけを追い求める経営がいつか歪んだものになっていくのと似ています。(第2回に続く)

----------

荻野淳也(おぎの・じゅんや)
一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事。株式会社ライフスタイルプロデュース代表取締役。Googleで生まれた脳科学とマインドフルネスの能力開発メソッド「SEARCH INSIDE YOURSELF」の認定講師であり、日本でSIYプログラムを初めて開催。リーダーシップ開発、組織開発の分野で、上場企業からベンチャー企業までを対象に、コンサルティング、エグゼクティブコーチングに従事。外資系コンサルティング会社勤務後、スタートアップ企業のIPO担当や取締役を経て、現職。マインドフルネスメソッドやホールシステムアプローチ、ストーリーテリングなどの手法を用い、組織リーダーの変容を支援し、会社や社会の変革を図っている。
関連書籍に、『世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方 ハーバード、Google、Facebookが取りくむマインドフルネス入門』(共著、日本能率協会マネジメントセンター)『サーチ・インサイド・ユアセルフ』(監訳、英治出版)、『マインドフル・リーダー 心が覚醒するトップ企業の習慣』(監訳、SBクリエイティブ)、『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』(解説、プレジデント社)、『たった一呼吸から幸せになるマインドフルネス JOY ON DEMAND(ジョイオンデマンド)』(監訳、NHK出版)がある。

----------

(荻野淳也(マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事))