ラテンの貴公子がプロポーズ 写真:Broadimage/アフロ

写真拡大

 プエルトリコ出身の歌手リッキー・マーティン(44歳)が、12歳年下の恋人で芸術家のジュワン・ヨセフと婚約したことを発表した。

 米ピープル誌によれば、マーティンは11月16日(現地時間)、米人気司会者エレン・デジェネレスのトーク番組に出演して婚約指輪を披露。プロポーズのときは緊張のあまり、「結婚してくれるかい?」という定番の質問の代わりに「この人生をきみと過ごしたいんだ」と口にしたため、ヨセフから「何が聞きたいんだい?」とツッコまれてしまったそう。その後しっかりと「結婚してくれるかい?」と申し込んだが、「30分後にはイエスって答えたよね」と確認し直したと明かした。

 お相手のヨセフは、シリア生まれスウェーデン育ち。ヨセフが手がけたコンセプチュアル・アートにマーティンがほれ込み、1年ほど前に交際をスタートさせたようだ。2010年に同性愛を公表したマーティンには、元ボーイフレンドとの間に代理母出産でもうけた、8歳になる双子マッテオくんとバレンティノくんがいるが、子どもたちと婚約者の関係も良好のようだ。