トランプ大統領「就任式」運営委員が決定 カジノ業界の大物が多数

写真拡大

11月15日、ドナルド・トランプの大統領就任式典の運営委員らが発表された。20名のメンバーの中には著名な実業家も数多く、毎回5,000万ドル(約55億円)がかかると言われる巨額の経費負担も期待できそうだ。

委員会を率いるのはフォーブスの長者番付、フォーブス400にも選ばれた、ロサンゼルスでプライベートエクイティ企業Colony Capitalを運営する大富豪のトム・バラック。バラックは7月の共和党大会で「トランプとは40年来の親友だ」と述べていた。

バラックは「今こそ米国の復権を(Rebuilding America Now)」と名づけたスーパーPACを立ち上げ、トランプ陣営に献金を行なった。彼は過去にロナルド・レーガン政権で内務省の副次官を務めており、財務長官に選ばれる可能性もある。

残る19名のうちの4名もフォーブス400に登場する富豪たちだ。3名のカジノ王(シェルドン・アデルソン、フィル・ラフィン、スティーブ・ウィン)と、米国で最も成功した女性起業家にあげられるダイアン・ヘンドリックスがここに含まれる。4名の資産額の合計は407億ドル(約4.5兆円)に達する。

夫婦で委員会に名を連ねるメンバーも多い。カジノ王のシェルドン・アデルソンの妻のミリアムや、一時は財務長官候補として浮上した投資家カール・アイカーン(資産額162億ドル)の妻のゲイル。マーベル・エンターテインメントCEOのアイザック・パルムッタ(資産額38億ドル)の妻、ローラ・パールマターも参加している。

他にはフロリダのロビイストとして有名なブライアン・バラード、共和党全国委員会の財務部長ルー・アイゼンバーグ、ジョンソン&ジョンソン一家の遺産相続人のウッディ・ジョンソンらも名を連ねている。下記に主要メンバー4名の略歴を掲載する。

シェルドン・アデルソン
資産額:318億ドル
上場企業であるラスベガス・サンズの会長。ラスベガスで「ベネチアン」や「ザ・パラッゾ」などのカジノホテルを所有。熱心な共和党支持者として知られ、2012年の大統領選挙では1億ドル以上を共和党陣営に献金した。2015年には地元紙のLas Vegas Review-Journalを買収している。

ダイアン・ヘンドリックス
資産額:40億ドル
1982年に屋根職人の夫ケンとともに建築資材卸売会社ABCサプライを創業。2007年に夫を亡くして以降代表として同社を率い、年商は60億ドルを突破。米国で最も成功した女性起業家として知られる。長年共和党を支援しており、ウィスコンシン州知事のスコット・ウォーカーの後援者としても有名。今年8月、トランプ陣営から経済諮問委員に招かれた。

フィル・ラフィン
資産額:25億ドル
トランプのラスベガスのホテル事業のパートナーとして知られ、カジノホテル「トレジャー・アイランド」を所有。ラフィンは米国の経済危機の最中に7億5,500万ドルでこの物件を購入し、現在の価値は当時の2倍以上に達した。共和党大会では「トランプは米国を再び偉大な国にする。大津波がやってくるぞ」と宣言した。

スティーブ・ウィン
資産額:24億ドル
ラスベガスで「ミラージュ」や「トレジャー・アイランド」「ベラージオ」などのカジノホテル開発を手がけた。1980年代から90年代にかけてカジノ業界の競合であるトランプとは敵対関係にあったが、近年は反オバマケアの立場から和解したと見られている。

8月のブルームバーグの取材に対しウィンは「まだ支援候補を決めていない」と述べていたが、その数ヶ月前にはトランプと戦略担当のカール・ローヴと面談していた。ウィンが果たしてトランプに投票したかどうかは不明。(運営委員らはフォーブスの取材にコメントを拒否している)