<最も体にいいのは「昭和の食生活」。しかも、安くて美味く、調理も簡単だ。和食を知り尽くした食文化史研究家の永山久夫氏(85歳)が、自らの若く貧しい時代を支えた「食の知恵」を初公開。サプリメントは自分流でいいという>

 東北大学大学院農学研究科の都筑穀准教授の研究によると、昭和50(1975)年ごろ、日本の一般家庭で採られていた食事が最も健康的だという。あらゆる種類のダイエット法が登場しては消えていく中で、この研究は話題となった。「やはり和食が一番」という通説を裏付けるものでもあった。

 そんな「昭和の食生活」を自ら実践してきたのが、食文化史研究家の永山久夫氏だ。昭和7(1932)年、福島県生まれ。漫画家を目指して上京し、結婚、一児を授かるが、妻が病死。以来、貧乏暮らしをしながら仕事と子育てを続けた。昭和50年に『納豆沿革史』を上梓した永山氏は、以後、食文化史研究家として活躍するようになる。

 現在85歳、和食を知り尽くした永山氏が、自らの貧しかった時代を支えた「食の知恵」を初公開したのが新刊『ひと月1万円!体にやさしい 昭和のシンプル食生活』だ。当時の食生活を振り返るエッセイを織り交ぜながら、基本食材と121のレシピを紹介している。

 ここでは本書から一部を抜粋し、5回に分けて掲載する。第5回は「3章 安い、かんたん、体にいい! 永山流食生活のルール」より。


『ひと月1万円!体にやさしい
 昭和のシンプル食生活』
 永山久夫 著
 CCCメディアハウス

※シリーズ第1回:ご飯を最後に食べる「会席料理式ダイエット」のすすめ
※シリーズ第2回:高野豆腐......凍り豆腐(高野豆腐)は植物性タンパク質の王様
※シリーズ第3回:1日おきに魚と肉......栄養のかたよりを防ぐ永山流食事法
※シリーズ第4回:甘酒......心の傷まで治してくれる、飲む点滴・甘酒

◇ ◇ ◇

⊆膺以外の自分流サプリメントを、毎日必ず食べる

 食事はご飯やめん類、パンなどの主食と、副菜のおかずから成り立っています。白いご飯が大好きで3食食べる人もいれば、肉系が好みで、肉でお腹をパンパンにして、ご飯はあまり食べない人もいる。人はさまざまです。

 健康の基本は、毎日しっかり主食とおかずを食べること。これに尽きるといっていいでしょう。しかし、健康で暮らすために、この主食以外に、さらに自分流のサプリメントを考案して欲しいのです。なぜなら、ほとんどの人は、どうしても自分が好きなものばかり食べがちで、理想的な食事をしている人は少ないからです。

 そこで、かたよった食事、貧しい食事を補うためにも、毎日の食事以外に自分流のサプリメントを考案しましょう。それが優れていれば、高価な食品など食べなくても、十分健康で、医者知らずでニコニコと過ごせるからです。

 私の経験からおすすめの、特に効果のあった"サプリメント食"は、生姜とニンニク。この二つが、今も85歳の私を支えてくれています。

 生姜は万能のサプリメントといってよく、実に役に立ちます。主に香辛料や薬味として用いられますが、辛みの主成分はジンゲロールやショウガオール。どちらにも強い殺菌作用や内臓機能の向上、食欲の増進、さらには発汗作用や血行を促進するなどの働きがあります。生姜といえば、なじみ深いのが寿司屋のガリですが、あれは生姜の甘酢漬け。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部