アナログ世代にはノスタルジー、デジタル世代には新たな文化?

写真拡大

日立マクセルは、1972年発売当時のデザインを復刻した音楽用カセットテープ「UD」を2016年11月25日に数量限定で発売する。66年に国内で初めてカセットテープを製品化したマクセルが発売50周年を記念して企画した。

同社の「UR」グレード相当のテープを使用し、当時の製品の再現性を高めるためブラックハーフの採用や日本製にこだわったという。

同社によれば、近年LPレコードなどアナログ音源のよさが見直されてきており、カセットテープで新曲をリリースするアーティストや、車載用をはじめカセットデッキが発売されるなど再び注目を集めているという。

カセットテープになじみ深い世代にはノスタルジーを、また使ったことのない若い世代には新鮮さを感じられる商品として発売するとのことだ。

ラインアップは、録音時間10分、46分、60分、90分の4種類。価格はいずれもオープン。