11月11日はもともとは普通の日だったが、祝日に加えようという強烈な動きによって、「独身の日」になった。統計データによると、2015年の時点で、中国の独身者は2億人に達し、専門家は「中国に第4次独身ブームが到来した」との見方を示している。

写真拡大

11月11日はもともとは普通の日だったが、祝日に加えようという強烈な動きによって、「独身の日」になった。統計データによると、2015年の時点で、中国の独身者は2億人に達し、専門家は「中国に第4次独身ブームが到来した!自ら独身であり続けることを選ぶ女性がますます増えている」との見方を示している。中央テレビニュースが伝えた。

中国民政部の統計データによると、全国の独身者の割合は1990年の6%から2013年には14.6%に上昇し、独身組はますます勢力を拡大している。

統計資料によると、中国ではこれまでに何度か「独身ブーム」が到来した。1回目は1950年代、初めての「婚姻法」が制定され、全国的に離婚が激増したことで独身ブームが沸き起こった。2回目は1970年代末、インテリ青年が続々と都会に戻るために離婚という道を選んだ。1990年代末には改革開放政策が伝統的な家族観を転換する要因となり、3回の独身ブームが訪れた、そして今、経済の急成長と女性の自立意識の高まりを受け、4回目の独身ブーム現象が顕著に現れてきている。

2010年の第6回国勢調査によると、30歳以上の女性のうち、未婚者の割合は2.47%に達し、10年前に比べ倍増した。自らの意志で独身であり続けることを選ぶシングル女性が激増した。

専門家は「女性が経済的自立と精神的自立を求める現代において、第4次独身ブームは、硬直化した現象を本当の意味で転換する責任を負っている」と指摘した。

○独身ブームの背後にある問題は?

専門家は今の独身ブームによってもたらされ得る問題について、「2014年、中国の出生率は1.137%と、超低出生率となった。出生率の低下は、労働力の減少をもたらすだけではなく、市場規模の縮小にもつながる。また、独身ブームは、人口の高齢化が加速する原因の一つにもなる。国家統計局の『2014年国民経済・社会発展統計公報』によると、中国の60歳以上の高齢者は2億1200万人に達し、総人口の15.5%を占めるまでとなった。これは、ドイツ・フランス・英国の総人口に相当する数字で、さらに増加傾向にある」との見方を示した。(提供/人民網日本語版)