最近再び脚光を浴びているマイケル・ムーア監督 (c)Imagecollect.

写真拡大

映画監督のマイケル・ムーアが、次の大統領選について語った。

今回の大統領選について、7月にドナルド・トランプ氏の勝利を予想する記事を書いていたムーア監督。この記事が大統領選の結果を受けて脚光を浴びており、最近彼の発言に再び注目が集まっている。

CNNの情報番組「State of the Union」に出演したムーア監督は、「民主党はオプラ・ウィンフリーかトム・ハンクスを候補にするのがいいだろうね。皆から愛されている人を候補にするんだ。共和党はそうしている。(俳優で第40代大統領を歴任した)ロナルド・レーガンにターミーネーター(カリフォルニア州知事を務めたアーノルド・シュワルツェネッガー)、他にもいたよね」と次期民主党候補について提言。さらに、「アメリカ人が愛して、本当に惹かれるような人を候補にするんだ。そしてそれが賢明で、良い策略なんだよ」と続けている。