11月20日(日)夜9時よりWOWOWライブで、ONE OK ROCKの渚園ライブの模様を放送!

写真拡大

WOWOWライブでは11月20日(日)夜9時より、ONE OK ROCKが9月に静岡・渚園で開催したスペシャルライブの模様を放送する!

【写真を見る】ことし9月に開催されたONE OK ROCK渚園ライブの模様をたっぷり放送!

ことし9月10・11日の2日間にわたって、ロックバンドONE OK ROCKが静岡・渚園特設会場で自身最大規模となる野外ワンマンライブ「ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN」を開催し、2日間で11万人を動員した。

'07年のデビュー以来、メロディックな楽曲、重厚なサウンド、胸に刺さるリアルな歌詞の世界観でファンを増やし続けてきたONE OK ROCK。これまで数多くのライブを行ってきた彼らは屈指のライブバンドとして定評がある。

'15年には米ワーナー・ブラザーズ・レコードとしアルバムをリリース、本格的な世界進出を開始。'15〜'16年にかけてアメリカ、ヨーロッパ、アジアでワールドツアーを成功させ、今や世界標準のロックバンドへと進化を遂げた。

そんな彼らが国内で単独ライブを行うのは'14年の横浜スタジアム公演以来、およそ2年ぶり。人気・実力ともに傑出したアーティストのみがライブを行なってきた渚園に、彼らはデビューから9年という異例のスピードでたどり着いた。

太陽が照りつける灼熱の会場に詰めかけた満員の観客が、ステージの幕開けを待ちわびる。開演時間となり、ドラムのTomoyaがステージに登場。リズムを刻み始め、ベースのRyota、ギターのToruも姿を現し音を重ねていく。最後にボーカルのTakaが登場し「行くぞ、渚園!」と叫ぶと、「Re:make」からライブがスタート。「じぶんROCK」「Cry out」と続き、集まった5万5000人のオーディエンスは拳を突き上げ、メンバーの熱い演奏に応える。

「Clock Strikes」ではオーディエンスを巻き込んだ大合唱となり、「Deeper Deeper」では全力のヘッドバンキングも。ライブ前半から一気に観客の心をつかみ、会場が一体となる。

中盤、花道の先に設けられたサブステージで「the same as...」「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」をアコースティックセットで披露。重厚でパワフルな演奏だけでなく、温かみのある歌声と繊細なサウンドもONE OK ROCKの大きな魅力の一つだ。

後半はパワフルでアッパーな「Take me to the top」で始まり、メロディックな「アンサイズニア」、新曲「Taking off」もいち早く披露。「The Beginning」「Mighty Long Fall」で会場のボルテージは最高潮に。本編の最後は、Takaが“自分をこの世に産んでくれた人のために作った曲”だという「Nobody's Home」で締めくくった。

楽曲、歌唱力、演奏力、そしてステージパフォーマンスも世界レベルのONE OK ROCK。日本のロックシーン史上に残る壮大なステージの熱気と臨場感を放送で追体験しよう。