北朝鮮の朝鮮中央通信は19日、北朝鮮に核兵器を放棄させるのは難しいとする米国内の論調に言及しながら、「米国は旧態依然とした対朝鮮敵視政策に執着すべきではない」とする論評を配信した。

論評は、ペリー元米国防長官が最近の講演で、北朝鮮が核兵器を放棄すると期待してはならず、北の核兵器の危険を最小化するための対話努力を続けなければならない、などと述べたことなどに言及。

続けて「米国が対朝鮮敵視政策を引き続き追求するなら、朝鮮半島問題の解決における進展は決してありえない。われわれの生存自体を脅かす米国の敵視政策が続き、朝米が依然として交戦状態にある今、われわれが一方的に核を放棄すべきだという主張は誰も納得させられない」などと主張している。

間接的ながら、米国が「敵視政策」から対話路線に転換し、休戦状態の朝鮮戦争が完全に終結すれば核放棄の余地が出てくるかのような表現だが、真意のほどは不明だ。