りんご娘が、地元である青森・弘前産りんごのPRイベント「パワーアップる!弘前産りんごのPRキャラバン」で都内を訪問

写真拡大

りんご娘が、地元である青森・弘前産りんごをPRする「パワーアップる!弘前産りんごのPRキャラバン」で都内を訪問。11月19日、東京・足立区のBelx花畑中央店でPRイベントを行った。

【写真を見る】J、りんごと格闘!?

「パワーアップる!弘前産りんごのPRキャラバン」は今年で6年目を迎える。11月17日には王林&彩香が東京・品川区の幼稚園で「弘前市のPRとりんごの食育授業」、18日には都内の企業で「試食販売宣伝会」を実施。

3日目となるこの日は試食販売の他、店頭PRステージでの「りんご娘のおすすめクッキングレシピ」や「弘前クイズ」などで、集まった買い物客や子供たちと触れ合った。

りんご娘は、初めに「りんごのキモチ」をパフォーマンスし、ときが「私たちは、りんごの品種名が芸名として付いています。りんごとは深く関わらせていただいているということで、今日はキャンペーンガールとして応援に来ました」とあいさつ。

さらに、「パワーアップる!弘前産りんごのPRキャラバン」のキャッチフレーズ・(弘前産りんごで)“きれいアップる!”“健康アップる!”“おいしさアップる!”“安心アップる!”を紹介し、「弘前産りんごの魅力を教えていきたいなと思います」とアピールした。

「りんご娘のおすすめクッキングレシピ」では、彩香が「いろんな食べ方を知ってほしいなと思いまして、小っちゃい子供でも作れるような“子供サングリア”っていうのを考えてきました」と説明し、ジョナゴールドがその場で“子供サングリア”を作ることに。

ジョナゴールドが食材と格闘して出来上がった“子供サングリア”を試飲した王林は、「りんごの香りがフレッシュですね。見た目もかわいい」と絶賛。彩香は、「ぜひ弘前産りんごを1つでもお買い求めいただいて、(この日配られた)レシピの中にもお薦めがたくさんありますので、今度はお家で挑戦してみてほしいなと思います」とPRした。

また、「弘前クイズ」では弘前りんごの歴史などに関する問題に、子供たちが挑戦。子供たちとの交流に、メンバーは楽しそうな笑顔を見せていた。

最後に、王林が「今回、私たちの話を聞いて『弘前に行きたいな』って思ってくださった方も、いるんじゃないかなと思います。次は皆さんと弘前で会えることを願っています」と話し、「青森で会いましょう」を歌唱。4人で「これからも弘前産りんごを、よろしくお願いします」とメッセージを送り、店頭PRステージを締めくくった。

東京での「パワーアップる!弘前産りんごのPRキャラバン」最終日となる11月20日(日)は、世田谷区のサミットストア成城店でPRイベントを予定している。