いまさらだけど…ノンシリコンシャンプーっていいの?

写真拡大


執筆:Mocosuku編集部


近頃のシャンプーには「ノンシリコン」というものが増えてきました。

しかしこのノンシリコンシャンプー、その効果についてはよくわからないという人もいるでしょう。何となく髪によさそうな雰囲気がしますが、シリコンが入っていないと髪にいいということなんでしょうか?

そこで今回は、「そもそもシリコンとはどういう成分なのか」、そして「ノンシリコンだとどういうメリットがあるのか」をご紹介したいと思います。

 シリコンよりもノンシリコン?


シリコンとは、簡単にいうと「化学合成で作られた人工のコーティング剤」のことです。

シリコンには被膜効果がありますから、シリコン入りの製品を使うとサラサラとした手触りになります。髪や肌の内部に浸透することはないので、安全性も高いのが特徴です。

ではなぜそのシリコンがないものを「ノンシリコンシャンプー」として推しているのか。

それは「頭皮にシリコンがつくと頭皮の皮膚が呼吸できなくなったり、毛穴が詰まったりする」という説がいつのまにか広まったから。

ところが、多くの専門家はこの噂を否定しているそうです。

シリコンはべつに悪くない?


結論から言えば、「シリコンが髪や頭皮によくない」ということはないそうです。

頭皮は肌の他の部分と同じようにターンオーバーすることで定期的に剥がれ落ちていきますから、たとえ頭皮にシリコンがついたとしても、そのまま長く残ることはありません。

毛穴についても同様で、仮に毛穴が本当に詰まったとしても、詰まったシリコンは伸びた髪と一緒にはがれてしまいます。

また「髪がコーティングされて呼吸できなくなる」という話もあるようですが、髪はもともと死んだ組織の集まり。

そもそも呼吸をしていないので、コーティングされたところで大きなダメージを受けることはないのです。

「ノンシリコンは仕上がりに差が出る」のは本当

ノンシリコンだろうがシリコン入りだろうが、髪や頭皮への安全性はほとんど変わりませんが、「髪の仕上がりや手触りに差が出る」というのは本当のことです。

シリコンが入っているシャンプーやトリートメントを使うと『洗髪中の摩擦を軽減しながらなめらかな仕上がりを実現』するそうです。

逆にノンシリコンの場合は『細かな泡立ちで、さっぱり、サラサラとした感触が得られる』仕上がりになるとのこと。

ですから、髪が多くて広がりがちな人はシリコン入りのシャンプー&トリートメントを使うといいかもしれません。

 ノンシリコンシャンプーの効果 :「ノンシリコントリートメント」は慎重に選ぼう


髪が少なくてボリュームが出にくい人は、軽さとふんわり感を出せるノンシリコンのシャンプー&トリートメントがおすすめです。

しかし、ひとつ気をつけたいことがあります。それはトリートメントの選び方。

実は、同じラインのシャンプー&トリートメントでも、「シャンプーはノンシリコンだけれどトリートメントにはシリコンたっぷり」というものが少なくないのです。

シリコンの入っていないトリートメントを探したいなら、ボトルの裏の成分表示をチェックするといいでしょう。

・ジメチコン
・シクロメチコン
・シリカ
・シリル
・シロキ
・シラン


以上6つの単語がつく成分が含まれていなければ、そのトリートメントにはノンシリコン。

文字を見慣れるまでは見分けるのがちょっと面倒ですが、せっかくのノンシリコンのよさを活かすためには、トリートメントまで徹底してノンシリコンタイプを貫きたいですよね。

【参考】
・資生堂グループ企業情報サイト『知って、なるほど化粧品 シリコーンについて』(http://www.shiseidogroup.jp/rd/topic/silicone.html?rt_bn=20120928f)
・プロクター・アンド・ギャンブル『シャンプー選びでよくある質問に答えます!』(http://hscare.jp/scalplabo/scalp-conditions/how-to-choose-shampoo/)