「ザ・ボイス」のコーチを務めるマイリー・サイラス twitterより

写真拡大

歌手・女優のマイリー・サイラスが、今全米で好感度が急上昇している。

今月23日に24歳の誕生日を迎えるマイリーは2006年にスタートしたディズニーチャンネルのテレビシリーズ「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」で大ブレイクし、全米だけでなく、世界のトップアイドルに。その後の2013年に授賞式で過激なパフォーマンスをしたり、わき毛を生やして披露したりとアイドルとは思えない行動や発言で注目され、ティーンのお手本とは程遠くなり、かなり非難をされた。

そんなマイリーは現在、アメリカで放送中のオーディション番組「ザ・ボイス」にコーチ(審査員)として出演中。出場者への的確なアドバイスや思いやりと愛情のあるコメントが人々の心を動かしていて、「ザ・ボイス」のYouTubeの動画のコメント欄には「彼女のファンではなかったけど、本当に彼女が大好きになったよ。彼女の振る舞い、ほかの人々へのリスペクト、音楽の知識にもね」「『ザ・ボイス』の前まではインターネットで見ただけのめちゃくちゃな動画のマイリーしか知らなかったけれど、彼女は大きな心を持った愛らしい人間だと思った。彼女が大好きになったよ!」「『ザ・ボイス』に出演するマイリーを見て、私は無関心から彼女のことをすごく好きになった」と大絶賛の声が集まっている。

また、マイリーは同番組で歌声も披露しており、人々は「マイリーがこんなふうに歌えるなんて思わなかった」「マイリーの声はすごくスペシャル。私のソウルに直接歌っているみたい」と魂から歌うマイリーを高く評価した。

マイリーは2014年に若いホームレスやLGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、ジェンダークィア)をサポートする「Happy Hippie Foundation」を設立し、チャリティー活動に力を入れているほか、自らも男性や女性という性の分類に適合しない人も含めてすべての人を好きになる全性愛者パンセクシュアルであることを告白している。また、動物をこよなく愛し、菜食主義者でもある。

現地時間8日に行われた米大統領選で応援していたヒラリー・クリントン氏が負けたあと、マイリーは泣きながらドナルド・トランプ次期大統領に「Happy Hippies、私たちはありのままの人々みんなに適応し、受け入れるわ。だから、ドナルド・トランプ、私はあなたを受け入れます」「どうか、どうか、人々に愛を持って接して、思いやりを持って接して、リスペクトを持って接してください。私もあなたに同じことをします」と語っていた。

マイリーは2012年に俳優のリアム・ヘムズワースと婚約し、2013年に破局。過激でワイルドになったマイリーとリアムが復縁することはないだろうと思われていたが、今年1月に復縁したことが明らかに。ハリウッドの人気俳優であるリアムなら多くの女性との出会いがあっただろうが、マイリーの無償の愛と思いやり、飾らない人柄に惹かれているのではないだろうか。