男性部門大賞の佐々木蔵之助さん

写真拡大

「素敵に年を重ね、いつも輝き続けている憧れの著名人」に贈られる「アンチエイジング大賞」が2016年11月14日に決定した。男性部門は俳優の佐々木蔵之助さん(48)、女性部門は女優の斉藤由貴さん(50)に贈られた。また「アンファー特別賞」は、監督としてリオデジャネイロ柔道男子日本代表を率いた井上康生さん(38)が受賞した。

「アンチエイジング大賞」は、アンチエイジングの普及と発展のために活動するNPO法人「アンチエイジングネットワーク」(代表・塩谷信幸氏)が授与するもので、今回で10回目。発表資料によると、大賞2人の受賞理由について、佐々木さんは「年齢を増すごとに演技の輝きが増し、男女問わず支持されている」、また斉藤さんは「30年以上の芸能界での活躍が女性から支持され、人気が根強い」としている。