写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スズキは17日、ハッチバックタイプの小型乗用車「バレーノ」に、「XG」グレードをベースとした上級仕様となる新機種「XS」を設定して発売した。

「バレーノ XS」は「XG」グレードをベースとした上級仕様モデルであり、質感と機能を向上させたバリエーションを追加することでさらなる選択肢を増やしたとのこと。

おもな仕様や装備として、エクステリアにディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム : マニュアルレベリング機構付き)やLEDポジションランプ、フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、16インチアルミホイールなどを採用している。

インテリアにはフルオートエアコンや助手席シートヒーター、革巻ステアリングホイール / ステアリングオーディオスイッチ、フロントセンターアームレスト、センターコンソールトレー(リヤ) / センターコンソールボックス、マルチインフォメーションディスプレイ(カラー)を装備した。

「バレーノ XS」では、エンジンに1.2リットルDOHC吸排気VVT、変速機はCVTを搭載し、駆動方式は2WD(前輪駆動)。燃費消費率はJC08モード走行で24.6km/リットルとなっている。価格は154万4,400円(税込)。

(木下健児)