アメリカで大ブーム!?栄養満点のパワーサラダを徹底解説!

写真拡大

アメリカでトレンドになっているという新たなサラダの形「パワーサラダ」。まだ聞き馴染みがない言葉ですが、実は日本でもパワーサラダ専門店ができるなど、ブームになりつつあります。一体パワーサラダって何? 一般的なサラダとどう違うの?

野菜・フルーツ・タンパク質食材の3つの要素が入ったサラダ

パワーサラダとは、サラダだけで、ビタミン・ミネラルなどの栄養素や普段の食事では不足しがちなタンパク質がしっかりとれるサラダのこと。野菜はもちろん、フルーツやナッツ、肉類・大豆製品をサラダに入れることで栄養抜群に。今まで脇役だったサラダが食事の主役になるほど、今までにない「豪華なサラダ」で、栄養不足傾向にある人にはピッタリの一品なのです。

入れる食材と期待される効果

一般的なサラダにフルーツと肉や卵、乳製品、豆・豆腐などのタンパク質となる食材を入れるだけで家庭でも簡単にパワーサラダの出来上がり♪

緑黄色野菜はカロテンが豊富に含まれているのが特徴で、強力な抗酸化作用がありアンチエイジング効果が期待できます。淡色野菜は、食物繊維が豊富に含まれていて腸内を整える作用があるそう。これらの食材をバランスよくサラダに取り入れられれば栄養価もアップします。

また、タンパク質は筋肉をつくるために必要なイメージがありますが、それだけではなく、内臓や血液を作ったり、骨を作ったり、細胞を修復する役割があるのです。そのほかにも、タンパク質で作られている髪や爪が健康的な状態になり、コラーゲンもタンパク質の一種なので美肌にも効果があり、実は女性には嬉しい栄養素。

フルーツは、ビタミンや食物繊維が豊富なものが多く、栄養素のバランスが良くなり◎。さらに、味のアクセントや彩りが豊かになってGOOD。

パワーサラダを作って食卓を華やかに

例えば、ホウレンソウ・トマト・チーズ・アボカド・チキンを組み合わせたパワーサラダはいかがでしょうか。アボカドとトマトは彩りも良く、栄養価も高いため相性抜群。トッピングでお好みのナッツを散らせば、食感も楽しめるオシャレパワーサラダに。チキンは、コンビニやスーパーで売っているサラダチキンを使うと時短になってオススメ♪

どの食材を使ってパワーサラダを作るかはママ次第。冷蔵庫に余っている野菜やハム、卵などを使ったり、スーパーで安くなっている野菜があれば、その野菜をメインに使ってもOK。価格の安定している冷凍野菜を使ってみてもいいかもしれません。彩りのいいパワーサラダは晩御飯にピッタリ。おもてなし料理としても大活躍します。一般的なサラダとは一味違うパワーサラダ。食卓に取り入れてみてはどうでしょうか。

(文・山本健太郎/考務店)