写真提供:マイナビニュース

写真拡大

英国のジャガー・ランドローバーはこのほど、ジャガー初となる電気自動車「I-PACE」のコンセプトカーを世界初公開した。2つのモーターを搭載する4WDモデルで、0-60mph加速は約4秒とハイパフォーマンスながら、航続距離は500kmを実現しているという。

「I-PACE」はスーパーカーの外観、スポーツカーのパフォーマンス、そしてSUVのスペースを備えた電気自動車となっている。2つのモーターにより400PSを発揮し、4輪を駆動。ジャガー・ランドローバーが設計・開発した90kWhのリチウムイオン・バッテリーパックとの組み合わせで、0-60mph加速は約4秒、航続距離は500kmとなっている。バッテリーパックは急速充電が可能で、90分で80%、追加2時間で満充電とすることができる。

インテリアは美しい高級素材で細部まで仕上げられ、開放的なパノラミック・グラスルーフから美しい仕上がりのシートまで、英国のクラフトマンシップが反映されている。2つのタッチスクリーンを備えた室内では、いつ、どこにいても必要な情報が得られる。

今回の発表はロンドンとロサンゼルスで世界初のヴァーチャルリアリティ(VR)発表イベントとして開催され、ゲストはVR世界で「I-PACE」を体験した。同モデルは2018年に市販される予定だが、いち早く手に入れたい場合、ジャガーのウェブサイトに登録することで、購入に関する情報が優先的に提供されるとのことだ。

(山津正明)