米倉涼子“V字開脚入浴シーン”をぼやく/きゃりー、悲しいツイート【今週の見逃しニュース】

写真拡大

 恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補、30語が発表されました。

 なんといっても今年は文春イヤーということで、「ゲス不倫」、「センテンススプリング」、「文春砲」と3つもエントリー。12月1日に大賞が決まるとのことですが、毎年無理やり政局に絡めた選考理由から考えると、TPPに絡めて「PPAP」が来るかも。

 というわけで、今週も振り返りましょう。どうでもいい芸能ニュース。

◆(徳厠短辧.疋ターXのV字開脚にぼやく「やらないといけない?」

スポニチアネックス 11/13(日)配信ほか

 女優の米倉涼子(41)が40代女性向けファッション誌の創刊6周年記念イベントに登場しました。

 40代になると疲れが取れにくいとか、寝起きがやばいと語り同世代の共感を得たところで、話題は絶好調のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』でおなじみの“V字開脚入浴シーン”に。「2年ぶりにやったら体がカチカチになっていてできなかった。あれはやらないといけないんですかね」とぼやいた米倉さん。

 はい。やらないといけないんです。

◆△ゃりー ファンのディスりやケンカに「悲しい気持ちになる」

デイリースポーツ 11/15(火)配信ほか

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅ(23)が15日にツイッターを更新。前日に行ったライブの感想などをチェックしていたら、なぜかファン同士が言い争う状況に遭遇。なんでも、常連さんが新規ファンを嫌ったとかでもめていたのだそう。

 きゃりーさんは、「ファンって行き過ぎると敵なの?」「悲しい気持ちになる」とか「仲良くね」とツイートして大人の対応をしていましたが、一回ぐらいブチ切れてもいいと思います。
◆0宿祐二「クリントンさんを慰めたい」熟女好き本領

日刊スポーツ 11/16(水)配信ほか

 来年4月からニューヨークを拠点に活動する、ピースの綾部祐二(38)。

 かつては“おかみさん”こと藤田紀子(69)との熱愛もウワサされたほどの熟女好きで知られる綾部さん。16日に行われた茨城県のPRイベントでも、先日の大統領選で敗北したヒラリー・クリントン氏(69)を「慰めたい」と話していたのだそう。

 この際ですから、モニカ・ルインスキー(43)も混ぜちゃったらどうでしょう?

◆てテレ・藤井アナ「子供をゆすらないで〜」

(テレビのヒトコマ 『news every. 』11月14日放送より)

 いまや日テレ社員でも違和感がないほどに立派なキャスターの小山慶一郎(32)ですが、そんな彼が最も尊敬しているのが藤井貴彦アナウンサー(44)なのだそう。

 それもうなずけるシーンがありました。番組終盤の天気予報コーナー。屋外で赤ん坊を抱っこする若い親が、カメラが回りだすと子供を上下にゆすって必死にアピールするものですから、毎回ヒヤヒヤしてしまうのです。

 すると見るに見かねた藤井アナがそっと一言。「あんまりゆすらないでぇ〜」。アナウンサーも仕事が増えて大変ですね。

◆ハ妥張▲子 土屋アンナの3回連続“婚前妊娠”に「すごいね」

※画像:wearより
スポニチアネックス 11/12(土) 配信ほか

 先日、新恋人との間に3人目の子供がデキた土屋アンナ(32)ですが、3人とも結婚前に授かったのだそう。

 この豪快な着床っぷりには、さすがの和田アキ子(66)もお手上げの様子。自身のラジオ番組『いいかげんに1000回』(ニッポン放送)で、「体力あるというか、すごいね」とコメントしたとのこと。

 しかしアッコさんが「すごいね」と言うと、どうしても男性側が浮かんでしまいます。

<TEXT/沢渡風太>