写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ボルボ・カー・ジャパンはこのほど、同社の7人乗りフラッグシップSUV「XC90」が「日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)」主催の「2017年次RJCカーオブザイヤー・インポート」を受賞したと発表した。

「XC90」は、ボルボ・カーズの次世代プラットフォームである「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」や次世代パワートレーン「ドライブ・イー」を採用した初のモデルとして登場した。次世代ボルボブランドの幕開けとなる重要なモデルといえる。高い安全性を備えているのも特徴で、世界初のランオフロード・プロテクション(道路逸脱事故時保護システム)、右直時対向車検知機能など、全方位的な先進安全機能を標準装備とした。

RJCは「XC90」の受賞理由について、「巨額の開発費を投じて順次全面改良される新世代ボルボの第1弾。2リットル4気筒をシリーズ全車で共用しつつ、過給機の数やプラグインハイブリッドシステムの有無を適宜組み合わせ、広域なレンジの展開に成功した。伝統の安全設計は一段と強化され、一部自動運転の要素を含むに至った。車格に相応しい高級感や居住性、静粛性の向上も著しく、高く評価した」としている。

なお、ボルボの受賞は2014年の「V40」以来、通算4回目。「XC90」はこれまでに世界中で60を超える賞を受賞しており、日本でも日本デザイン振興会が主催する「グッドデザイン・ベスト100」に選ばれるなど、高い評価を獲得している。

(山津正明)