『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』

写真拡大

『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストンがアカデミー賞主演男優賞に初ノミネートされた『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』が、スターチャンネルにて11月26日(土)に独占プレミア放送となる。

本作は、スターチャンネルの新たなブランド、「STAR CHANNEL MOVIES」作品として同局で放送される第1弾。この「STAR CHANNEL MOVIES」とは、"映画館でもTVでも、スターチャンネルが厳選した良作を"をコンセプトに、映画本来の魅力、感動と興奮と涙と笑いがたくさん詰まった良質な作品を、スターチャンネルが世界中から厳選して劇場公開し、さらに公開後には同局で独占日本初放送する、というブランド。

この『トランボ』は、『ローマの休日』『スパルタカス』『ジョニーは戦場へ行った』『パピヨン』などを世に送り出した稀代の脚本家、ダルトン・トランボの生涯を描いた感動作。孤高の映画人として、そして愛すべき父親として、ブライアンがトランボのユニークかつ魅力的な人間性を余すことなく表現している。共演者の一人であるヘレン・ミレン(『クィーン』)に、「役者はお互いの演技に恋をすることがあるの。彼の演技がそうよ」と言わしめた、彼の演技は必見だ。

30周年記念作品として7月に公開されると異例のロングランヒットを記録した『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』は、スターチャンネルの【STAR1 プレミアム】にて字幕版が11月26日(土)21:00より放送。吹替版は【STAR3 吹替専門】にて11月27日(日)21:00よりオンエアとなる。また、この放送を記念し、「知られざる天才脚本家ダルトン・トランボ傑作選」も【STAR2 セレクト】にて11月21日(月)からスタート。『ローマの休日』をはじめとした彼が脚本を手掛けた作品や、彼の人生を追ったドキュメンタリーなど計7作品をお届けする。(海外ドラマNAVI)