SHINee「ミュージックバンク」でカムバックステージを披露“完成度の高いパフォーマンス”

写真拡大

ボーイズグループSHINeeがクオリティの高いステージを披露した。

韓国で18日に放送されたKBS 2TV「ミュージックバンク」では、SHINeeが5thフルアルバムのリパッケージアルバム「1 and 1」のタイトル曲「Tell Me What To Do」で注目を浴びた。

首に巻いたリボンなど、ユニークなファッションでステージに立ったメンバーたちは、雨にも関わらず多彩な魅力や個性をアピールした。

「Tell Me What To Do」はトレンディーなEDM要素を加えたミディアムテンポのエモーショナル(Emotional) R&Bジャンルの曲で、ささやくようなギターの演奏と柔らかいエレクトロニック・シインセサイザーがハーモニーを成しており、SHINeeの豊かな音楽カラーを見せる曲だ。

SHINeeは「ミュージックバンク」を皮切りに、19日MBC「ショー 音楽中心」、20日SBS「人気歌謡」に出演し、5thフルアルバムのリパッケージアルバム「1 and 1」のタイトル曲「Tell Me What To Do」のステージを公開する。