「台湾本省人を絶滅させる」  台北メトロで刃物所持の男が暴れ逮捕

写真拡大

(台北 19日 中央社)台北メトロ(MRT)松山新店線を走行中の地下鉄車内で18日午後6時ごろ、小刀を持った男(50)が暴れ、警察官や駅員らによって取り押さえられる騒ぎがあった。現場に居合わせた市民によると、男は情緒不安定で「イエス様の名により」、「台湾本省人を殺し、絶滅させる」、「これは罠だ。孔明の三十六計だ」などと叫んでいた。

警察によると、男は無職で精神障害者手帳を所持。生活に対する不満を発散させるため暴れたとみられている。

男を取り押さえる際、南京復興駅の駅長がピンセットで顔と手を切ったものの、大事には至らなかった。カバンの中には小刀4本とピンセット1本が入っていた。男は妨害公衆往来安全罪と傷害罪の容疑で送検された。

台北メトロでは2014年5月、板南線の車内で乗客4人が死亡、22人が負傷する無差別殺傷事件が発生。その後も、中山駅や新北投駅で警官などが負傷する通り魔事件が起きている。

(王揚宇、朱則イ/編集:杉野浩司)