【ロサンゼルスオートショー2016】スバル史上最大のSUV「VIZIV-7 CONCEPT」公開

写真拡大 (全18枚)

水平対向4気筒2.5リッターターボが搭載される見込み

ロサンゼルスで現在開催中の「LOS ANGELES AUTO SHOW 2016」で、スバルは大型SUVコンセプト「VIZIV-7 SUV CONCEPT」をワールドプレミアした。

スバルは先に行なわれた中期経営計画において2018年に北米でミドルサイズSUVを発売することをアナウンスしている。今回のそれを受けた、かなり現実味のあるコンセプトモデルだ。

ボディサイズは全長5200mm×2030mm×1860mmと北米市場のSUVとしては「中の上」クラスだが、スバルとしては史上最大サイズ。

デザインコンセプトは、近年同社が掲げる「DYNAMIC × SOLID」を採用している。スバル商品企画本部デザイン部長 兼 商品開発企画部長の石井 守さんによると「サイズありきではなく、3列シートに乗員がゆったり乗れるようにデザインした結果、このサイズになりました」。これは、かつて北米で販売していたSUV「B9トライベッカ」はデザインコンシャス過ぎ、室内スペースがタイトだったことからの知見だという。

今回メカニズムについて正式なアナウンスはなかったが、2.5L水平対向4気筒ターボエンジンを搭載するのは間違いないだろう。また先進予防安全装備「アイサイト」の採用は確実視されている。

日本導入は残念ながら計画にないそうだが、国内でも一定数の需要が見込めそうなモデルだ。

(文:CARトップ編集部 加藤元章)