インドで生産される輸入車としても話題を集めたスズキ・バレーノに、新グレード「XS」が登場します。もともと、1.0リッター直噴ターボと1.2L NA(自然吸気)エンジンを設定するバレーノですが、今回設定された新グレードはNAエンジンの上級仕様となるものです。

1

ターボグレード同様に、16インチタイヤやディスチャージヘッドランプ、ウインカー内蔵ドアミラーなどを装備。インテリアでもレザーステアリング、運転席&助手席シートヒーター、フルオートエアコン、マルチインフォメーションディスプレイなどが上級感を漂わせる仕様となっています。

メーカー希望小売価格は154万4400円。ターボグレードよりお手頃な価格となっています。

●スズキ・バレーノXS主要スペック
車両型式:DBA-WB32S
全長:3995mm
全幅:1745mm
全高:1470mm
ホイールベース:2520mm
車両重量:910kg
乗車定員:5名
エンジン型式:K12C
エンジン形式:直列4気筒DOHC
総排気量:1242cc
最高出力:67kW(91PS)/6000rpm
最大トルク:118Nm(12.0kg-m)/4400rpm
変速装置:CVT
燃料消費率:24.6km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:185/55R16 83V
メーカー希望小売価格(税込):1,544,400円

(山本晋也)

スズキ・バレーノにNAエンジンの上級グレードが追加設定(http://clicccar.com/2016/11/19/418277/)