10日、中国の新型国産戦闘機「殲10(J10)」の設計責任者は、同機について「中国初の独自の知的財産権を持つ戦闘機。中国が『模造』に別れを告げたことの象徴」と述べた。写真は3日、中国人民解放軍空軍の建軍60周年の記念イベントに登場した「殲10」。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=37017">Record China

墜落が相次ぐ中国の戦闘機「殲10」 過度の訓練強化が背景か

ざっくり言うと

  • 中国の戦闘機「殲10」のパイロットが、訓練中に事故死した
  • 中国では2015年以降、戦闘機の墜落事故が相次いでいるという
  • 戦える軍隊に向けた過度の訓練強化が背景にあると指摘されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング