棋士、村山聖を演じた松山ケンイチ

写真拡大

若くして亡くなった棋士、村山聖の生涯を描いた『聖の青春』(公開中)の初日舞台挨拶が11月19日、丸の内ピカデリーで行われ、出演者の松山ケンイチ、東出昌大、リリー・フランキー、柄本時生と、森義隆監督が登壇した。劇中で「もしも神様がいるとしたら何を願いますか」という問いがあるが、松山は柄本から「童貞俳優という肩書を取り戻したい」と宣言し、会場の笑いを誘った。

【写真を見る】松山に“童貞俳優”と認められた(?)柄本時生。劇中ではプロ棋士で村山の遊び友達の荒崎学を演じている

20代のころから「周りから童貞俳優と言われていたけど、柄本時生という役者を発見してから、すごい童貞俳優がいると感じた」という松山。リリーから「子ども3人いるのに童貞臭すごいよね」と言われたことが自信に繋がったという。

初日を迎える昨晩は珍しく眠れなかったという松山は封切りに感無量の様子。あいにくの雨となった今日だが、松山は「上にいる村山さんのひねくれさが出たんじゃないのかな」と天を見上げた。

村山を演じるにあたり、体重を増やした松山の容姿は今ではすっきり。松山と久しぶりの再会となったリリーは「すっかり痩せていて、師匠としてちょっと悲しい気分」と残念がり、「コロコロしている頃の松山くんの方が好きだな」と松山を見つめた。松山は「嫁(小雪)にもそういう風に言われました」と明かした。

公開前から羽生善治三冠にそっくりだと話題になっていた東出は「モノマネであってはダメなので、役作りのうえでは監督からも演出があって、精神性を勉強してこいっていうのと、芝居するなという。決して泣かせようとか、ここで笑かそうというのではなく、ドキュメンタリーのように撮っていて、その熱量というのが出ているのが『聖の青春』の魅力」と振り返った。

村山最大のライバルであった羽生がゲストとして登場し、将棋道場へ通っていた松山と東出へ初段免状授与がされ、東出は「舞台挨拶とか、『聖の青春』とか忘れて、すっかり舞い上がっている」と満面笑みを見せた。

羽生は本作について、「村山さんという存在をこの映画を通じて知ってもらえたらうれしい。実際に村山さんが生活されていた場所や、対局されていた場所があったり、その時代背景であったり、そのリアリティや臨場感を大切に作られていること感じた」と完成度の高さに納得の様子。スクリーンを通し、村山と再会したことに「この作品を通じて、村山さんの姿をまた見ることができてうれしかった」と笑顔を見せた。

本作を「一生に1本の作品」と言い続けている松山は「原作に出合った時には、もしこの村山聖さんという役をやらせていただけたら、5年に1本の作品になると思っていた。村山聖というキャラクターを掴むまで道のりは長かったけど、撮影をしていたら、10年に1本だなと。撮り終えて、自分でも思ってもみなかった景色を東出くんと見ることができた。村山さんと羽生さんが見たこともない景色に一緒に行きたいという、居酒屋のシーンそのままを、役者として、1人の人間として見れた。やってきたことが自分の中で大きかったんだなと実感させられた。もう2度とできないんだろうし、でもあの景色は必ず見たいと思うし、人間として原動力になった」と思いを語り、「村山さんに出会えて、村山さんを愛すことができて、僕は幸せ」と胸を張った。

そんな松山の姿に、リリーは「(撮影が)始まる前から(松山が)太ろうとしているというのは聞いていた。映画の中で、僕(の役)に教わったことはお酒と麻雀ぐらいしかないというセリフがあって、実際に麻雀をするシーンはなけど、この人はすごく繊細で真面目というか。撮影が始める前に1回、僕と麻雀をしておきたいって言うんです。役としての記憶を自分の中に入れてきたいんだと思う」と松山の真摯な姿に感心しきりだった。

企画から10年の月日を経て公開となった本作。村山が短い余命を覚悟し、「どう死ぬか、どう生きるか」に対峙した最期の4年間の姿にフォーカスして描いている。村山聖という棋士の生きざまを見守ってほしい。【Movie Walker】