16日、記者は北京市通州区の農民ロボット発明家・呉玉禄さんを訪ねた。

写真拡大

16日、記者は北京市通州区の農民ロボット発明家・呉玉禄さんを訪ねた。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

小学校教育しか受けたことのない呉玉禄さんは、30年間ロボットの発明に心血を注いできた。呉さんが発明した全てのロボットには「必殺技」があるという。ロボットの名前は「呉」姓の後ろに兄弟の順番を表す言葉を付け、発明した順に「呉老大、呉老二、呉老三…」のように名づけられている。全部で「呉老六十三」まで存在し、彼が本当の子どものように可愛がっているロボットたちは、すでに63体まで増えている。(提供/人民網日本語版・編集TK)