バイセクシャルであることを告白したローレン・ジャウリギー instagramより

写真拡大

女性グループ「フィフス・ハーモニー」のローレン・ジャウリギーが、自身のセクシャリティについて語った。

先日ローレンは結婚式に参列した際に親友でモデルのルーシー・ヴィヴェスとキスしている写真がネット上に流出。メディアは彼女がバイセクシャルである可能性を伝えていた。

このような報道を受けてローレンは現地時間18日に、「私はバイセクシャルのキューバ系アメリカ人の女性で、それを誇りに思っています。愛と教育、そしてお互いをサポートすることを広めるコミュニティの一員であることも誇らしく思います」とビルボード誌に声明を発表。さらに彼女は、LGBTの権利向上に前向きでないと言われているドナルド・トランプ氏への批判のコメントを出している。