『猫にまた旅2017』今年は1号早く登場 アサヒカメラ12月号に付録

写真拡大 (全4枚)

 お店に来年のカレンダーが並び始める季節となりましたが、11月19日発売のカメラ雑誌『アサヒカメラ』12月号には、岩合光昭さん撮影の猫カレンダー『猫にまた旅2017』が特別付録で付いてくるそうです!

 今回で15回目となる特別付録の猫カレンダーですが、例年は12月発売の1月号。でも「もっと早く欲しい」という待ちきれない読者の声に応え、今回は一カ月早めての登場です。毎年買っている人はいつもと発売号が違うので要注意ですよ!

【関連:寺門ジモンが放つ肉テロカレンダー『MEAT JOURNEY 2015』】

■表紙はコパカバーナのビーチで寝そべるセクシーショット

 表紙を飾るのはオリンピック、パラリンピックが開かれたブラジル・リオのコパカバーナで撮影された猫。ビーチで横たわり生まれたままの姿で日光浴を楽しんでいます。うっ、セクシーすぎてまぶしい。

 カレンダーには、NHK-BSの人気番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』で世界中を飛び回る岩合さんが各地で出会った、様々な猫の姿が月替わりで収録されています。

 収録された猫達が撮影された場所は、ラトビア、イギリス、ペルー、バリ島、チェコ、クロアチア、オーストラリア、ルーマニア、そしてアメリカのニューヨークなど。編集長の話によると、名作揃いで月ごとの12枚に絞るのが大変だったそうですよ。


 本誌巻頭グラビアには岩合さんのもうひとつの顔、野生動物写真家としての作品が12ページにわたって紹介されています。世界最大の湿原が広がる南米のパンタナールで撮り下ろした、野生動物の迫力ある姿が展開されます。特集記事は、6月号で読者の高い支持を集めたカメラ・撮影に関する知識集の続編「続・いまさら聞けないカメラ・撮影のこと」。より実践的な内容で、進化したデジタルカメラに即した新しい知識を紹介。

 『アサヒカメラ』12月号は増大定価980円(税込)。岩合さんがニューヨークで撮影した、看板に乗った白い猫の表紙が目印です。

(文:咲村珠樹)