多様化する共通ポイント。いま貯めるべきはどれ?

写真拡大

カードを提示すると多様な場所で貯められるポイントを「共通ポイント」と呼ぶ。コンビニなどで利用している人も多いだろう。2003年に「Tポイント」がサービスを開始したのが最初で、現在は「Ponta」「楽天スーパーポイント」「dポイント」の4種類がある。

これらの共通ポイントは、いずれも、年々加盟店を増やしている。最も店舗数が多いのはTポイントで、16年7月末時点では56万店ほど。最も少ないのは、昨年誕生したばかりのdポイントだが、増加のペースは速い。今年8月に高島屋でも貯められるようになるなど、大手の提携先も続々開拓。もともと、ドコモの携帯料金の支払いで貯まるというメリットもあり、今後ますます使い勝手が良くなる見通しだ。

しかしこうなると、結局どのポイントを貯めればいいのかというのが悩みどころ。

結論から言うと、ベストは「4種類すべての共通ポイントを貯めること」だろう。

どのポイントもカードの発行手数料が原則無料で、基本的に年会費もかからない。ポイント同士で加盟店の被りもほとんどなく、全国あらゆる場所で貯まる。現状、どこでどのポイントが貯まるかがわかりにくいので、取りこぼしをなくすためにも、すべて持っておくのが手っ取り早いというわけだ。

ポイントカードは加盟店で発行してもらえるが、基本のカードのほかに、オプションがついたカードもあるのでチェックしておこう。

まず、Tポイントはさまざまな企業と提携して発行されているTカードがある。その中でお勧めなのは、「ファミマTカード」と「ENEOS Tカード」だ。これらのカードは、ファミマやENEOSでの割引などの特典付きで、ただポイントが貯まるだけの「Tカード」よりお得。なお「ファミマTカード」は入会金・年会費無料でクレジット機能付きのものもあり、そちらを選ぶとさらにポイントを貯めやすくなる。

dポイントにも「dカード」や「dカードGOLD」といったクレジットカードがあり、クレジット決済で更にポイントが貯まるうえ、「dポイントカード」にはない特典(ローソンでの買い物が3%引きなど)がある。ただし、どちらも年会費がかかるので注意。「dカード」は、年に1回でも利用すれば年会費無料だ。

なお、Pontaにも企業と提携したポイントカードやクレジットカードがあるが、どのカードを選んでも特典面で差はない。

このように、持っておいて損はないポイントカードだが、4種類も持ち歩くのはうっとうしいと感じる人もいるだろう。少しでもカード数を減らすには、スマホのアプリもあるが、あまり使えないのが難点。Pontaやdポイントのアプリは利用可能店舗が少ないため、結局カードと併用する必要がある。Tポイントには、使用端末が限られる「おサイフケータイアプリ」しかない。唯一、楽天スーパーポイントはアプリのみで貯められる店舗がほとんどなので、カードなしでもOKだ。

今後はJR東日本の駅ビルで貯まる「JREポイント」や、阪急阪神グループの「Sポイント」、イオングループの「WAON POINT」などがサービス拡張によって、新たに共通ポイント化する見通し。これからは財布のほかに、ポイントカード入れを持つのが賢明かもしれない。

(ポイントマスター 菊地崇仁 構成=元山夏香)