小林薫演じるマスターの渋い演技が魅力的/[c]2016安倍夜郎・小学館/「続・深夜食堂」製作委員会

写真拡大

裏路地にひっそりと佇む小さなめしやを舞台に繰り広げられる、悲喜こもごもの人生ドラマを描き人気を集めた「深夜食堂」シリーズ。現在公開中の劇場版第2弾『続・深夜食堂』も、興行ランキングでベスト10入りするなど好調だ。

【写真を見る】『続・深夜食堂』女性客急増のワケはイケメン俳優!?/[c]2016安倍夜郎・小学館/「続・深夜食堂」製作委員会

「深夜食堂」の魅力といえば、マスターが作るおいしそうな料理と、店を訪れる“ワケあり”な人々による人情話。今作でも、息子の同僚だと名乗る男に大金を渡してしまった女性が、マスターの豚汁で立ち直る…といった感動的なエピソードや、お通夜で出会った男性と焼肉定食を仲良くつつき合うといった微笑ましいエピソードなどが展開される。

そんな心がほっこり温まるストーリーが、胃袋のみならず、観客のハートもがっちりとキャッチ!前作と比べて女性客が急増している点も、作品の好調につながっているようだ。しかし実のところ、女性たちを引き寄せているポイントは、魅力的な男性キャスト陣にありそうだ。

ドラマシリーズでレギュラー出演してきたマイペースな警官役のオダギリジョーをはじめ、うだつの上がらない蕎麦屋の息子を演じた池松壮亮、大人の色気が光るミステリアスな中年男性を演じた佐藤浩市など、女性人気の高い面々が勢ぞろい。それぞれの持つ雰囲気を活かした絶妙なハマり役にやられた女性も少なくないのでは?

そんな男性キャストの中でもやはり小林薫演じるマスターは別格。口数は少なく、左目には切り傷があるなど謎の多い男性だが、何より人情を大事にする粋なマスターの生き様に惚れ込んでいる女性も多いはず。

まるで劇中の“めしや”のように、1人でも気兼ねなくフラッと立ち入りたくなる雰囲気を持つ本作。すっかり肌寒くなったこのシーズン、心に隙間風が吹く…そんな淋しい気分の時、スクリーンをちょっと覗いてみてはいかがだろうか。【Movie Walker】