スタートアップ経営者が押さえるべき3つのメガトレンド

写真拡大

有識者が考える「イノベーティブな経営者」になるための条件とは? アクアビット 代表取締役 チーフ・ビジネスプランナーの田中 栄氏に話を聞いた。

イノベーションにおける大企業の仕事が新しいビジネスをつくることだとすれば、スタートアップの役割はニーズをつくることです。そのために必要なのは現状の分析ではなく、10年、15年単位の未来に社会がどうなっているかの予測です。特に、これから最先端を行こうとしているスタートアップの経営者はこの大前提を押さえておく必要があります。
 
将来起こるであろう変化の波をとらえる際に柱になるのが、「サステナビリティ」「ライフイノベーション」、そして「クラウドコンピューティング」の3つのカテゴリーにおけるトレンドの変化です。今までの社会の前提を覆すようなダイナミックな変化であり、企業がイノベーションを起こす上で、これらのメガトレンドに則っていることは、前提条件であると言えます。
 
たとえば今までは、お金さえ出せばどんな資源も入るのが当たり前でした。新興国が外貨獲得の手段として身を削ってモノを提供してくれていたからです。

しかし、このような時代は続かないでしょう。2030年にはインドの人口が中国にかわり世界一になります。つまり中国と同じ規模の消費国が地球上にもう一つできるということです。贅沢の底上げが一斉に始まる中、モノが足りなくなるという状態を念頭に置いた、持続可能なモノづくりやビジネスに目を向ける必要があります。
 
また、現在着々と進んでいるゲノムの解明は、医療やヘルスケア、農業、畜産、漁業、バイオ産業全般を革命的に変えるでしょう。生命のメカニズムそのものへの理解に基づいた革新という意味で、これらの変化をライフイノベーションと名付けています。
 
たとえば医療分野では、03年にヒトゲノムが解読されて以来、人体の設計図を手に入れたという前提での治療が始まっています。当時、億単位の費用がかかった遺伝子検査が、この十数年のうちにわずか数万円の費用でできるようにまでなりました。NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)とNCC(国立研究開発法人国立がん研究センター)の研究では、血液一滴から13種類のがんの発症確率が99%の正確度でわかるようにまでなっています。
 
私はこの先の10年で一番大きな変化はコンピューティング分野にあると考えています。それが、3つめのメガトレンドであるクラウドコンピューティングです。

今、個々のデバイスとスーパーコンピュータがネットワークを介して繋がっている状態への変化が起きています。家、車、家電などの日常から医療まであらゆる分野で、ネットワークを介して接続されている状態が当たり前になりつつあります。

また、人工知能(AI)が加わることによってインテリジェントな処理が可能になりました。たとえば私は現時点でも原稿を書くときは音声入力が基本ですが、これも、インターフェイスによって個々のデバイスとデータセンターが繋がっているから可能なことです。

コンピューティングにおけるこれらの変化はWindowsに匹敵する革命であるといえますし、ITエレクトロニクスを超えて全ての産業に直接的に影響を与えるという意味で、もっとも影響力があるトレンドだと言えます。

経営者に求められるのはエンゲージメント

これらのトレンドを押さえることは、ビジネスモデル構築のための、あくまで前提条件です。イノベーションを起こすためには社会の大きな潮流を踏まえた上でさらに、「お金を出してでも欲しい」と顧客に思わせるクリエイティブの能力と、自社のサービスやモノに対してお金を出してくれる顧客をひきつける力が必要です。そこで経営者に求められるのがパートナー企業や顧客とのエンゲージメントだと考えています。

他業界との戦略共有は今や当たり前のことであり、価値創造の基本です。トヨタ自動車のような企業でも、自社内ですべて価値創造するのは不可能ですし、規模の小さい企業でもGoogleやFacebookなどとパートナーシップを組んでいるとなれば力関係が全く変わります。自分の会社がどのようなパートナーシップを組み、エンゲージメントを高めているかというのがイノベーションを起こす可能性をはかる上で重要な尺度であるといえるでしょう。

田中 栄(たなか・さかえ)◎1990年、早稲田大学政治経済学部卒業。CSK、マイクロソフトを経て2003年にアクアビットを設立。04年から法人向けレポート『未来予測レポート』シリーズを刊行している。