日本のコンビニエンスストアは食品や日用品の販売から各種公共料金の支払い、チケットの予約や受取など、消費者のあらゆるニーズに対応する便利な存在だ。中国にもコンビニは存在するものの、利便性という点で比較すると日本には到底及ばないのが現状のようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本のコンビニエンスストアは食品や日用品の販売から各種公共料金の支払い、チケットの予約や受取など、消費者のあらゆるニーズに対応する便利な存在だ。中国にもコンビニは存在するものの、利便性という点で比較すると日本には到底及ばないのが現状のようだ。

 中国メディアの今日頭条は18日、ビジネスのために日本を訪れた中国人による手記を掲載し、日本のコンビニは便利すぎると伝える記事を掲載している。

 記事は、ある中国人が日本の地方都市を訪れた際の出来事を紹介。空港に到着した時にはすでに夜となっていたため、空港からホテルに向かっていたところ、道の途中にコンビニを発見したため立ち寄ってみたという。日本のコンビニの商品を見た限りでは中国のコンビニと大きな差はなかったとしながらも、よく観察してみると日本のコンビニは消費者の日常の「あらゆるニーズ」に応える存在であることが容易に見て取れたと紹介。

 さらに、中国では近年、コンビニが急激に増えていることを指摘する一方、日本のように消費者に提供する利便性は、日本のコンビニに「はるかに及ばない」のが現状であると指摘。日本のコンビニはプライベートブランドなどの「生産」から、消費者に対する「販売」までを手がけ、さらには金融サービスの提供までも行っていると驚きを示し、日本のコンビニはすでに日本の小売業で極めて大きな力を持ち、コンビニを中心としたエコシステムがすでに形成されていると指摘した。

 また、中国のコンビニは消費者のニーズに対する深い考察が欠けており、日本のように「消費者の生活の一部分」になっていないことを指摘。あくまでも日本のコンビニの商品陳列や運営などを「表面的に」模倣しているだけとの見方を示し、消費者にとっての利便性という観点で「日本には到底及ばない」のが現状と指摘している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)