17日、観察者網は記事「激安!中国版衛星電話計画が明らかに=5年後には全世界をカバー」を掲載した。中国による初の衛星電話プロジェクトが急ピッチで進められている。写真は通信衛星「天通1号01星」を搭載したロケット。

写真拡大

2016年11月17日、観察者網は記事「激安!中国版衛星電話計画が明らかに=5年後には全世界をカバー」を掲載した。

中国による初の衛星電話プロジェクトが急ピッチで進められている。今年8月には通信衛星「天通1号01星」が打ち上げられているが、今後2〜3カ月以内に携帯電話端末の販売が始まり、サービスがスタートする見通しだ。

注目は価格の安さ。端末価格は約1万元(約16万円)。通話料金は1分1元(約16円)と他国の既存サービスと比べて10分の1程度という激安価格だ。今後通信衛星の数を増やしていき、5年後には全世界をカバーする計画だ。南シナ海など遠洋漁業での活用も見込まれるなど今後の急成長が予測される。(翻訳・編集/増田聡太郎)