11月18日放送の「勇者ヨシヒコ」第7話で現行犯逮捕されてしまったヨシヒコ(山田孝之)/(C)「勇者ヨシヒコと導かれし七人」製作委員会

写真拡大

山田孝之主演「ドラマ24『勇者ヨシヒコと導かれし七人』」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系)の第7話が11月18日に放送され、浦井健治、大地真央、TM NETWORKの宇都宮隆、木根尚登らがゲスト出演した。

【写真を見る】フランスパンを手にダッシュするヨシヒコ(山田孝之)/(C)「勇者ヨシヒコと導かれし七人」製作委員会

第7話は、ヨシヒコ(山田)たちがミュジコの村にやって来る。その村の村人たちは、仕事に勤しみながらもずっと踊り続けている不思議な村。

魔王討伐のため“玉”を探していたヨシヒコは、玉を奪われまいとする村人のトラップにはめられて、万引きの現行犯で逮捕されてしまう。

浦井は村の警察官役として登場。持ち前の美しい歌声で罪を犯したヨシヒコを責め、ヨシヒコも負けじとミュージカル風に返答し、まさかの“美声対決”がスタート。

ミュージカルスターの浦井の声が深夜ドラマで聞けることにSNSでは「ぜいたく過ぎる」「格好良い!」などと盛り上がり、また山田にも「歌うまいのズルい(笑)」などと称賛の声が寄せられた。

また、福田雄一監督は、自身のTwitter(@fukuda_u1)で、番組のファンで念願の出演を果たした浦井から「夢がかないました」と感激のメッセージが届いたことを報告。福田自身もこの状況に「感慨深い」と心境を明かした。

福田監督がミュージカルをこよなく愛していることもあり、劇団四季や宝塚、名作「レ・ミゼラブル」「美女と野獣」などのパロディーをたっぷり盛り込み、“低予算”を全く感じさせない回となった。

大地はミュジコの村のリーダー・レオパルド役で、宇都宮と木根はヒサ(岡本あずさ)の変身後の姿として登場。

他、やべきょうすけは盗賊役、今拓哉はマロエル司教役、壮一帆はオスケル役、新妻聖子は美女役で出演し、ドラマを盛り上げた。

11月25日(金)放送の第8話では、バボルの村に向かっていたヨシヒコ一行が、希望の転職がかなうと言われるダーマ神社を通り掛かる。

ヨシヒコたちも上級職に転職することにしたが、手続きの途中で“いざないの剣”を盗まれてしまう。残り一つとなった玉は手に入れることができるのか?