18日、中国浙江省杭州市の地下鉄で先日、「20万元(約300万円)で処女売ります」と書かれた紙を持った少女が注目を集めたが、英紙も取り上げるなど話題となっている。

写真拡大

2016年11月18日、中国浙江省杭州市の地下鉄で先日、「20万元(約300万円)で処女売ります」と書かれた紙を持った少女が注目を集めたが、英紙も取り上げるなど話題となっている。観察者網が伝えた。

今月10日、西湖文化広場駅前に高校3年生の少女が立っていた。少女によると、23歳になる兄が3年前に急性骨髄性白血病を発症。14年に借金をして杭州の病院で自分の骨髄を移植したが、今年10月に拒絶反応が出てしまった。現在、杭州市内の病院に入院しているが、治療費がないという。寄付を募るチラシを配ったが効果が薄かったため、小説をヒントに処女を売ることを思いつき、12日に杭州の地下鉄で「20万元で処女売ります」と書かれた紙を掲げた。紙には兄の病気や家庭の経済状況のほか、治療に必要な20万元を支援してくれる代わりに自分の処女を差し出すと書かれていた。

その後、少女は通報により警察に連行され、紙に書かれていたことが事実であることが分かっている。少女の一連の行動を英紙デイリー・メールが16日に紹介し、英国ネットから同情の声が集まった。

中国メディアの報道によると、すでに慈善団体が少女に連絡を取っており、関連の手続きを進めている。少女は現在、故郷の雲南省に帰っており、兄の願いに応えるべく勉学に励むという。(翻訳・編集/内山)