映画「ホラーの天使」で主演を務める葵わかな、ベリーショートになって公の場に初登場

写真拡大

葵わかなの初主演映画「ホラーの天使」の舞台あいさつが11月18日都内で行われ、主演の葵の他、NMB48の矢倉楓子、脚本・演出を担当した長江俊和監督が登壇した。

【写真を見る】ゾンビ姿に驚き腰を抜かしてしまう矢倉楓子

本作は、地下室に閉じ込められた女子高校生の事件をきかっけに、さまざまな怪奇現象が起こるというホラー映画。長江監督は「今作ではリアルさを狙っていきたいなと思って、撮影方法も臨場感が出るようにしました。葵さんは女優役、矢倉さんはアイドル役という、うそか本当か分からないような、そんな感じを出したくて」とこだわりを明かした。

葵は「この時期にホラーの作品ってあまりないので、ホラーを見たい人にぜひ! 私は(幽霊を)見たことがないんですけど、でも信じていますよ」と言い、霊が見えるという霊感芸人・シークエンスはやともが体験した怖い話を披露すると、怖がりながらも聞き入っていた。

一方、矢倉は「色が白いから『お化け役かな?』と思っていたのですが、違ってアイドル役で良かったです(笑)」と笑顔で語った。

また、舞台あいさつの途中、東京・神保町花月で舞台「ホラーの天使〜アナザーストーリー〜」を行っているお茶の水男子が登場。“リアルなゾンビ姿”で現れたしいはしジャスタウェイを見た矢倉は、恐怖のあまり「キャー」と叫び、腰を抜かしてしまう一幕も。

リアルさを追求したという今作は、ストーリーはもちろん、キュートな葵や矢倉がどんな演技をするのかも見どころだ。