佃浅 「カキ三昧弁当」(1393円)

写真拡大

東京駅に隣接し、常時約1000種の弁当が集結、1日1万食を販売する大丸東京店では、海鮮系の弁当を販売する店舗が人気だ。冬到来のこの時期に、カニとカキのそれぞれをふんだんに使った弁当を約40種販売。それに合わせてカニとカキのボリュームレベルランキングを発表!今回は、旬まっ盛りのカキ部門だ。

【写真を見る】ゑびすDaikoku 「カキメロ御膳」(1944円)

■ 1位 佃浅「カキ三昧弁当」

大きいカキフライとカキの炊き込みご飯が入ったボリュームたっぷりのカキ三昧弁当!

■ 2位 ゑびすDaikoku「カキメロ御膳」

広島産のカキが2粒入った竹皮焼きのほか、評判のメロ照焼きも召し上がれ。

■ 3位 知床鮨「蒸しカキと穴子チラシ」

広島産の大粒蒸しカキも柔らかな穴子も!2つの素材の持ち味を堪能できる弁当!

■ 4位 銀座 天一「かき入り豪華天丼」

人気NO1の天丼をベースに、旬のカキや舞茸などを合わせてゴージャスに。

■ 5位 ポール・ボキューズ「冬仕立てのカキフライ&ローストチキンシャリアピンソース弁当」

定番の玉ねぎソースのローストチキンとカキフライのコラボが実現。

いつもよりちょっと贅沢なカキのお弁当。旬ならではの味を食べ尽くそう!【ウォーカープラス編集部/渡邊美佳】