Doctors Me(ドクターズミー)- “育菌”で健康も美貌も手に入る! 常在菌を3つのフローラで育てよう

写真拡大 (全5枚)

腸やお肌に存在する常在菌で美容や健康を保つ、「育菌」がアンチエイジングの秘訣となることをご存知ですか。 美容と腸にはとても密接な関係がありますし、健康な腸を保つためや、他の部位でも良い常在菌を増やす育菌がキレイなお肌につながります。 今回は「育菌」について、腸、お肌、口腔内のフローラで常在菌を増やす方法を医師に解説をしていただきました。

1:腸の育菌


腸にいる常在菌の役割

腸にいる常在菌は人体に有害となる菌の増殖を抑えます。また人間が分解しにくい食物もこれらの力をかりて消化・分解しています。

腸のフローラが乱れると起こる疾患・症状

・風邪 ・インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなる ・肥満 ・動脈硬化 ・大腸癌などのリスクを高める

腸の育菌による体の嬉しい効果

・免疫力の向上 ・便通の改善 ・アレルギー発症の予防

効果的な腸の育菌方法

野菜や穀物、果物を中心とした食生活にします。これらを栄養にして腸内の常在菌うち体に良い菌とされる善玉菌が育ちます。 逆に肉や脂質を中心とした生活にすると、常在菌のうち体にとって望ましくない悪玉菌が増殖しやすくなります。

腸の育菌でおすすめの食べ物

野菜、穀物、ヨーグルト、果物、オリゴ糖などです。

2:お肌の育菌


肌にいる常在菌の役割

肌にいる常在菌には表皮ブドウ球菌、黄色ブドウ球菌などがありますが、こういった菌は肌のバリア機能を保つ働きがあり、刺激や花粉などから肌を守ります。

肌のフローラが乱れると起こる疾患・症状

・ニキビ ・毛嚢炎 ・肌荒れ

肌の育菌による体の嬉しい効果

寒暖差や乾燥、雑菌、カビなどの刺激で肌がダメージを受けることを防ぎます。

効果的な肌の育菌方法

洗顔は、肌の常在菌も洗い流してしまうので洗いすぎに注意します。 また菌は紫外線にも弱いので紫外線のケアも怠らないようにしましょう。

肌の育菌でおすすめの食べ物

直接菌を増やすわけではありませんが、野菜や果物をしっかりと摂取しバランスのよい食生活をすることが常在菌の機能を正常に保つのに役立ちます。

3:口腔内の育菌


口腔内にいる常在菌の役割

口は体に害となる病原体の入り口であり、こういった菌の侵入を防ぎます。また、歯周病などの発症を抑制する役割もあり口腔環境の維持に貢献しています。

口腔内のフローラが乱れると起こる疾患・症状

・口臭 ・誤嚥性肺炎 ・歯周病 ・虫歯 ・細菌性心内膜炎 ・糖尿病

口腔内の育菌による体の嬉しい効果

最近では口腔内感染症がいくつかの全身疾患と密接にかかわっていることがわかってきました。 常在菌の口腔内感染症を予防する働きによって、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の発症予防、心臓、腎臓病の予防につながります。

効果的な口腔内の育菌方法

口腔ケアを十分に行います。特に食後にはすぐ歯を磨いた方がいいです。 また、殺菌効果のある薬剤を過剰に使わないようにします。

口腔内の育菌でおすすめの食べ物

乳酸菌にも口腔内で活性化高くなるものもあるため、ヨーグルトなどで様々な乳酸菌をとるようにします。

育菌における注意点

食べ物も大切ですが、日々の生活習慣も大切です。不規則な生活、喫煙習慣、運動不足、ストレスをためている生活であったりすると常在菌のバランスが崩れやすくなります。 また、抗生物質の多用もよくないので、風邪をはじめとした感染症、膀胱炎などを繰り返しやすい人はかからないように注意しましょう。

先生がオススメする菌

乳酸桿菌です。腸内環境の維持にも役立っていますが、女性では膣の中にも存在し、病原体の増殖を予防しています。 (監修:Doctors Me 医師)