アルゼンチン初のダウン症保育士 小さい頃から夢は先生になること

ざっくり言うと

  • アルゼンチンのダウン症患者の女性が、初めて保育士になった
  • 「小さい頃から夢は先生になることでした。子どもが大好きだから」と女性
  • 現園長は「職員たちにとって特別な経験になっています」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング