11月10日、「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が発売された。手のひらサイズの任天堂「ファミリーコンピュータ」(通称「ファミコン」)、発売と同時にほぼ売り切れとなり、1週間経った現在も入手困難となっているようだ。同じ日に、現在は『週刊ファミ通』として刊行している『ファミコン通信』も復活ということでムックが発売され、往年のゲームファンを喜ばせていた。

参考記事:高橋名人・毛利名人対談にクロスレビューの森下真理子さんも……『ファミコン通信』が大復活!
http://getnews.jp/archives/1552910[リンク]

ファミコンブームの頃にいち早く創刊した専門誌『ファミリーコンピュータMagazine』(通称『ファミマガ』)も、11月14日、実に222ヶ月ぶりの復活ということでムックが発売された。こちらも懐かしの「ウルテク」こと「超ウルトラ技(テクニック)」や、当時のファミコン少年を混乱に陥れた「ウソテク」などが掲載されている。
ディスクシステムのディスクを擬人化した人気の漫画「ディスくん」も7ページの作品として復活。
そして特筆すべきは付録のDVD-ROMで、クラシックミニで遊べる「スーパーマリオブラザーズ」や「ゼルダの伝説」、「メトロイド」や「リンクの冒険」といったゲームの過去記事がPDFで収録されており、ボリュームは1000ページ超!

お値段は1833円+税と若干お高めかもしれないが、かつて愛読していた方はチェックしてみていはいかがだろうか。