中国に留学する韓国人学生の数が、初めて米国留学を上回ったことが韓国教育部の統計データから明らかになった。写真はソウルの梨花女子大。

写真拡大

中国に留学する韓国人学生の数が、初めて米国留学を上回ったことが韓国教育部の統計データから明らかになった。

環球網が韓国・聯合ニュースの報道として報じたもので、各国の高等教育課程で学ぶ韓国人留学生の数は今年4月1日時点で22万3900人に上った。うち、中国留学は最多の29.8%。これまで最大の留学先となっていた米国が占めた割合は28.5%だった。

中国に留学する韓国人学生は2009年に初めて6万人を突破し、今年は前年比3749人増となった。一方、米国留学は2010年の7万5000人をピークに下降が続き、今年は前年より4395人少ない6万3000人。中国、米国の次に韓国人留学生が多かったのはオーストラリア、日本の順だった。(提供/Bridge・編集/Yamaguchi)