2016年のロサンゼルスオートショーにて、スバルが次世代フラッグシップとなる大型SUVのコンセプト「SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT」を世界初公開しています。

1

同社としては史上最大サイズ(全長5200mm・全幅2030mm・全高1860mm・ホイールベースは2990mm)というミッドサイズSUVは、3列シート7人乗りで、2018年に北米市場でローンチ予定の次世代SUVの「サイズ感」を表現するコンセプトカーということです。

さて、日本では3列シートのスバル車というと、エクシーガ・クロスオーバー7を思い浮かべるところですが、北米向けとなると「トライベッカ/B9トライベッカ」というモデルが存在していました。2014年でディスコンとなっているトライベッカですが、「SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT」は、その後継モデルと見ることができます。日本では発売されなかったトライベッカですが、2005年の東京モーターショーで参考出品されたことがあるので、記憶に残っているファンも少なくないかもしれません。

2005年夏に北米市場にデビューした「B9トライベッカ(前期型の名前)」は、インディアナ州にあるスバルの現地工場SIAにおいて生産されていたモデルです。

前期型では個性的なグリルを採用していたB9トライベッカでしたが、後期型ではオーソドックスな顔にチェンジすると同時に名前も「トライベッカ」と変更しています。

あらためて、歴代トライベッカと「SUBARU VIZIV-7 SUV CONCEPT」を見比べると、パッケージングとしては後継モデルといえそうですが、スタイリングは北米で支持されているスバル車の流れを感じさせます。もちろん、最新デザインコンセプトの『ダイナミック×ソリッド』によって、アグレッシブな安心感が表現されているのは言うまでもありません。

●スバルB9トライベッカ主要スペック(2005年 東京モーターショー展示車両)
全長:4822mm
全幅:1878mm
全高:1686mm
車両重量:1925kg
乗車定員:7名
エンジン型式:EZ30
エンジン形式:水平対向6気筒
総排気量:cc
最高出力:186kW(253PS)/6600rpm
最大トルク:297Nm/4200rpm

(山本晋也)

【関連記事】

スバル史上最大サイズのフラッグシップ・コンセプトがデビュー【ロサンゼルスオートショー16】
http://clicccar.com/2016/11/18/418286/

スバルの7人乗りSUVコンセプト「VIZIV」は「トライベッカ」の後継か?【ロサンゼルスオートショー16】(http://clicccar.com/2016/11/18/418509/)