スタイリングに最も力を注いだトヨタC-HR。最大の見どころはまさにエクステリアにあり、大人っぽさを表現し、官能的なという意味の「Sensual」、コンパクトキャビンや躍動感による「Speed」、大径タイヤやボディのリフトアップによるたくましい足まわりの「Cross」という3つのキーワードを掲げています。

1

キャビンの天地方向を低くし、さらに内側に絞り込み、ボディ四隅に大径タイヤを置くという手法は、日産ジュークに似ています。

C-HRは後発だけあってさらに先鋭化させるとともに、ピラーに埋め込まれたようなリヤのアウタードアハンドルを「縦ではなく横」に配置。

このデザイン処理、日産ジュークやアルファ ロメオのジュリエッタなど「縦」が多いだけに疑問でした。デザイン担当者に話をうかがうと、開閉操作を吟味したところ通常のドアハンドルのように「横」の方がやりやすいという結論に達したとのこと。

また、フロントのドアハンドルよりもかなり高い位置にありますが、身長100cmの子どもでも操作できるように配慮されているそうです。

フロントマスクを印象づけるフロントライトには、オプションのLEDタイプと標準タイプがあります。LEDは中央にハイビーム&ロービーム(Bi-Beam LED)を配し、その上に中央側に向かってターンLEDを配置、下側にアイライン風にクリアランス&デイライト(LED多灯)が備えられています。

標準ライトは、Bi-Halogen(ハロゲン)のハイビーム&ロービーム、中央寄りにクリアランス&デイライト(LED3灯)、一番中央にターンライト(バルブ)を配置。

一方のリヤランプは、オプションのLEDが中央上にバックアップランプ、真ん中にターン、その下にテール&ストップ、一番下にもテールを配置。なお、標準も配置はLEDと同様で、リヤフォグランプはオプションです。

また、アルミホイールは18インチが切削光輝と艶有りブラック塗装が施された細身のスポークでスタイリッシュな仕上がりになっています。17インチアルミホールはシルバーメタリック塗装で、こちらは力強い造形になっています。

(文/塚田勝弘 写真/前田惠介、塚田勝弘)

【トヨタC-HR試乗】リヤドアのアウターハンドルを「横」に配置したわけは?(http://clicccar.com/2016/11/18/417073/)