リッキー・マーティン

写真拡大

歌手のリッキー・マーティンが、パートナーのジュワン・ヨセフさんと正式に婚約したことが分かった。複数のメディアが報じている。

エレン・デジェネレスの人気トーク番組『エレンの部屋』に出演したリッキーは恋人と婚約したことを伝え、プロポーズの詳細を明かした。1年以上交際を続けてきたとのことだが、それでもプロポーズした瞬間は相当緊張したようだ。

まず、リッキーはジュワンさんと初めて会った時のことを振り返り、「彼はコンセプトアーティストなんだ。僕は収集家で、絵を探し始めるようになったときに彼の作品を見つけてすっかり虜になってしまった。彼の描くすべてが好きだったんだ。彼の絵は本当に個性的で、それで連絡を取るようになったんだよ」と、絵画を通じて知り合ったことを明かすと、エレンはすかさず「絵と一緒に彼も集めたわけね」と、からかってみせた。

ジュワンさんを知ったきっかけは彼の絵だったため、「最初は彼がどんな風貌か想像できなかった」という。しかし、実際会えば「ビビっときたよ」と直感で感じたようで、そこから今日の婚約まで時間は流れたのだ。

肝心のプロポーズについては、「僕からプロポーズした。本当に緊張していたけど、しっかりと膝をつけて小さいメタルの箱を取り出したんだ。ベルベットの袋に入れておいて、"結婚してくれるかい?"と言う代わりに、"君にあるものを渡したい"って言ったんだ」と趣向を凝らしたよう。しかしながら、おそらくジュワンさんは直接的な言葉がほしかったのだろう。リッキーの言葉に"?"の表情で返した。「だから、"僕の人生を君と一緒に過ごしたい"と言ったら、今度は"質問はなに?"って感じ。それでようやく"結婚してくれますか?"と言ったんだ。それが僕のプロポーズさ」

緊張のあまり実感が湧かなかったのだろうか。リッキーはこの30分後に、ジュワンさんにもう1度答えを確認したそう。そして、改めて"Yes"の返事を聞いたという。

8年前に代理母出産で双子の男の子マッテオ君とバレンティーノ君の父親になったリッキーだが、このままゴールインすれば結婚は今回が初めてになる。リッキー、ジュワンさん、本当におめでとう!(海外ドラマNAVI)