17日、同性婚を合法化する審議がスタートしたことで、人気歌手のアーメイやレネ・リウもこれを応援すべく声を上げている。写真はアーメイ。

写真拡大

2016年11月17日、台湾で同性婚を合法化する審議がスタートしたことで、人気歌手のアーメイ(張恵妹)やレネ・リウ(劉若英)もこれを応援すべく声を上げている。聯合報が伝えた。

【その他の写真】

台湾の立法院で17日、同性婚を合法化するための改正案審議がスタートした。LGBT(性的少数者)を応援し続け、「同性愛者の女神」と呼ばれる女性歌手のアーメイは、自身の楽曲にまつわるラブストーリーを募集すると発表。その中から特に優れた10作品を選び、来年4月に高雄で開催するコンサートで最前列をプレゼントするほか、コンサートのスペシャルゲストになれるという。

歌手のレネ・リウは、LGBTの子供を持つ母親からの動画メッセージを募集すると発表。親の視点から愛のパワーを語ってもらうことで、LGBTの人たち、または両親にカミングアウトするのをためらっている人たちに勇気を与えたいと語る。選ばれた作品には、チケット獲得が難しいとされる香港の男性歌手ジャッキー・チュン(張学友)のライブチケットがプレゼントされる。(翻訳・編集/Mathilda)